安眠インテリア 「理想の寝室の作り方」とは?

m

ポイント1:寝室のコーディネートは“中間色”でまとめて
オフホワイトやベージュといった落ち着いた中間色でシーツやカーテン、寝室インテリアを統一すると、安眠を得られやすくなります。 反対に赤やオレンジなどビビッドな色は交感神経を活発にさせ、気分が落ち着かなくなります。色が人間に与える心理効果は大きいため、 中間色で統一するようにしましょう。

sub1

ポイント2:毎日をハッピーに!寝室に風水を取り入れて運気を上げよう
人は寝ている間に運気を取り込むと言われています。良い運気を取り入れるには、寝室環境を整えることです。風水で運気を上げて毎日をハッピーにしましょう。

ポイント3:ベッドの配置 ポイントは“左右対称”
寝室作りにはベッドの配置も大切。おすすめは部屋の中央にベッドを置き、両脇にサイドテーブルと間接照明を配置することです。このような左右対称のレイアウトは基本テクニック。調和の取れた上品な雰囲気を作ることができます。

ポイント4:明かりは脳がやすらぐ“間接照明“

ポイント5:癒し効果は“香り”から

ポイント6:爽やかな“空気”の流れをつくる

“質の高い睡眠”を得るにはマットレス選びから
快適な寝室の作り方をいくつかご紹介しましたが、心地よい睡眠を得るには身体に合うマットレス・枕で眠ることも重要です。そこでおすすめしたいのが「エアリーマットレス」と「エアリーピロー」。適度な反発力で身体にかかる負荷を分散してくれるので理想的な寝姿勢と心地良い眠りを叶えます。

“質の高い睡眠”を得るにはマットレス選びから

K536256

エアリーマットレス MAR-S シングル ▶詳細こちら

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る