赤ワインの「フレンチ・パラドックス」とは?

sub1

赤ワインで「フレンチ・パラドックス」

赤い色をしたワインが赤ワイン。
でも、赤ワインと一口に言っても、作り方や産地でいろんなタイプの赤ワインがあります。大まかに言うと、色のついたブドウを使って、醸造する時に果皮や種、時には果梗も使って作るのが赤ワインです。

ブルーベリーやイチゴ、木イチゴなど様々なベリーの香り、プラムやオレンジ、ハーブやスパイスなどなど、赤ワインは産地や作り手、ブドウの品種によって様々な特徴的な香りを持ちます。

sub2

例えば木イチゴやチェリーの香りと形容される「ピノ・ノワール」
カシスや杉の木、それにタバコやミントのようと言われる「カベルネ・ソーヴィニョン」
もちろん感じ方は人それぞれですが、 それにしてもいろんな香りの要素を持った赤ワインは、時間と共に香りが広がったり、変化したりと楽しみは尽きません。赤ワインはボトル1本を通して長く楽しめるのも魅力です。

赤ワインで良く言われる「渋み」それは、赤ワインの中にある、渋みの成分「タンニン」のためです。

赤ワインは、作る時に種や果皮、時には房丸ごと使って作ります。ゆっくりと発酵するうちに、その種や果皮に含まれる様々な要素が液体に溶け込みます。赤い色の元となる色素アントシアニン、渋みの成分のもと、タンニン、そして健康にも良いポリフェノール…さらに作る過程で使用する樽からも、タンニンや、樽を焙った独特の美味しそうな香りも抽出されます。

よく赤ワインについて言われる話で、「フレンチ・パラドックス」というものをご存知ですか?
これは、「チーズ、バター、肉…と、カロリーたっぷりの食事をとるフランスの人々が、なぜか冠動脈疾患で亡くなる方の比率が他国に比べて低い!という事実に関して発表された論文によるものです。

その理由の一つが「食事の際に赤ワインを飲む人が多い」というもの。

赤ワインに多く含まれるフラボノイド、アントシアニン、カテキン、タンニン…そんな様々なポリフェノールが働き、動脈硬化を防いでいると言われています。

「眠る前の赤ワイン1杯が、心臓病から身を守る」というヨーロッパのことわざがあるそうですが、あながち間違いとも言えないようです。

ソムリエが見つけた掘り出し物ワインは【こちら】

特集記事

公式サイト 初回限定お試しセット
お得な公式サイト初回限定お試し一覧へ
商品レビュー
スタッフがお試し!商品レビュー

乾燥肌・敏感肌
乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア
目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線
ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策
毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア
繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

シミ・UVケア
シミ・美白・紫外線対対策におススメのスキンケア

ヘアケア お悩み

枝毛・くせ毛・頭皮ケアにおすすめのヘアケア

ダイエット
体脂肪・内脂肪・セルライト対策

免疫力UP
免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ
話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集
男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館
話題の美術館・博物館特集

セレブスタイルジャパン・マーケットline
facebookTwitter
pinterestinstagram

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る
Enable Notifications OK No thanks