「トニー賞 コンサート in TOKYO」ミニ会見レポート

今年で第71回を迎える世界最高峰の演劇賞、トニー賞。WOWOWでは、その授賞式の模様を毎年生中継しており、この度開局25周年記念イベントとして、日本初のトニー賞公認のミュージカル・コンサートを3月18日(土)行います。公演に先立ち3月16日(木)にリハサール現場にてミニ会見が行われました。

出席したのは渡辺謙との共演が話題になったブロードウェイミュージカル『王様と私』で第69回トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したケリー・オハラ。TVドラマ『glee/グリー』の“シュー先生”役で人気を博したマシュー・モリソン。そして、日本ミュージカル界のトップスター井上芳雄と濱田めぐみという日米ミュージカルスターの4名です。

オハラとモリソンは初来日。オハラは「約1年間、渡辺謙さんと『王様と私』でご一緒させていただきました。彼は本当に親切で美しくて勤勉で、クリエイティブで才能豊かな人でした」と渡辺謙さんを絶賛。「渡辺さんとご一緒したことによって日本の皆さんに会いたいなと思いました」と今回の来日に渡辺さんの影響が大きかったことを明かしました。モリソンは「妻と一緒に京都に数日間滞在したのですが、着物を着たり、伏見稲荷に行きました。日本には豊かな歴史があり、本当に人々も文化もとても美しい国。焼き鳥、お寿司、刺身も食べましたが、今まさに“オベントウ”を食べてきました。ちょうどお弁当が胃の中にありますよ!」と常に朗らかな笑顔とトークで場を盛り上げました。

井上芳雄は2人の印象を「本物だ、本物が来たって思いましたね!稽古場でお2人がデュエットしているのを見ただけでもものすごいブロードウェイの風がもうブワーッと吹いてすごい!それを日本のお客様に感じて頂く、そして僕たちもちょっと小さいですが日比谷の風を吹かせながらコラボレーションできたら」と18日への意気込みを興奮気味に述べ、濱田めぐみも「この素晴らしい3人と共演できることに感謝しています。舞台と音楽ということを通じて、言葉が通じなくても世界はひとつの愛で包まれているということを表現できれば」と語りました。

そしてなんとケリー・オハラとマシュー・モリソンがふたりが共演したミュージカル『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』より「Say it Somehow」のデュエットを披露。圧倒的な歌唱力とふたりの息の合ったパフォーマンスに会場は劇場にいるかのような空間に包まれました。最後は井上と濱田から提灯がプレゼントされフォトセッション。18日(土)のコンサートに期待が高まる会見となりました。
「WOWOW開局25周年記念 生中継!トニー賞コンサート in TOKYO」は3月18日(土) 夜6:00 WOWOWプライムにて放送。

WOWOW

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る