世界初!『美女と野獣』ライブ・オーケストラ公開決定

世界初!4月29-30日に、エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ公開決定
劇場公開中のディズニー映画をフルオーケストラの演奏で鑑賞できる新しいプレミアム体験を提供

今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション「美女と野獣」を、主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニー渾身の実写映画として4月21日(金)に公開いたします。スケールやクオリティにおいて世界がディズニーに求めた全てを兼ね備えつつ、その予想や期待を遥かに超越した、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントの誕生です。その公開を記念して、公開中の映画作品では世界初となる実写映画「美女と野獣」の全編を90名の東京フィルハーモニー交響楽団のフルオーケストラ生演奏と合わせて楽しむ上映を、4月29日(土・祝)30日(日) の二日間で4公演、東京国際フォーラム・ホールAにて開催することが決定した。

■世界初!劇場公開中の映画作品をフルオーケストラ付で体験
実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラは、実写化による素晴らしい映像美とディズニー・アニメーションを代表する華やかでエモーショナルな音楽で世界中から期待の高い作品を、指揮ニコラス・バック、オーケストラ東京フィルハーモニー交響楽団が、巨大なスクリーンに映し出される映像に合わせてサウンド・トラックを忠実にシンクロ演奏するシネオケ®*のフォーマットで上映します。ディズニーによる劇場公開中の映画作品での開催は世界初となり、エマ・ワトソンとライブのオーケストラの共演をご覧いただける新しい映画鑑賞体験です。

■世界中で愛され続けるディズニー「美女と野獣」の名曲+新曲3曲を演奏
1991年にアメリカで公開されたディズニー「美女と野獣」は、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされただけでなく、同時に3曲が歌曲賞の候補にあがるなど、音楽の持つ力が高く評価されました。オスカーを受賞したテーマソング「美女と野獣/Beauty and the Beast」を始め、「朝の風景/Belle」「ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest」など、いまも世界中で愛され続けている名曲ぞろい。26年の時を経て実写化された本作には、アニメーション版に登場したすべてのミュージカルナンバーが使われているうえ、3曲の新曲が加わったのが大きな魅力です。ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが書き下ろした楽曲は、ストーリーにより深みを与える、美しくエモーショナルなナンバーばかりです。

実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ
4月29日(土・祝)13時開演・18時開演
4月30日(日)  11時開演・16時開演
東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)
指揮:ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
英語上映・日本語字幕あり
公式HP

作品紹介ページは【こちら】

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る