ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハード/ラスト・デイ

予告編

イントロダクション

1988年7月16日、全米21の映画館でスタートした『ダイ・ハード』は、抜群のストーリーテリングの妙、ボヤくタフ・ガイとあくまでもクールな悪役という見事なキャラクターの対比、そしてパワフルな実写を主体としたアクションのつるべ打ちで、CGを前面に押し出した大作群と一線を画し、全米の話題を一気にさらい、全世界で1億4000万ドルを上回る大ヒットとなった。さらに、アカデミー賞で4部門にノミネートされ、アメリカン・フィルム・インスティチュートで“スリルを感じる映画ベスト100”“アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100”など複数の部門で選出され、ブルース・ウィリスの着ていたシャツはスミソニアン博物館に寄贈されるまでになった。シリーズの全世界の興行収入は11億3000万ドルに達し、日本の興行収入だけでも230億円を上回る“史上最強のアクション・シリーズ”となった。1作目から24年、『ダイ・ハード』シリーズが遂にクライマックスに突入する。

ストーリー

舞台はモスクワ。疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)が警察沙汰のトラブルを起こし、裁判に出廷するハメに。その身柄を引き取るために、単身見知らぬ国に乗り込んだジョン・マクレーンはシリーズ最大最強の敵に立ち向かうこととなる。“世界一運の悪い男”と、そのDNAを色濃く受け継いだ息子。“マクレーンの行く手に災いあり”の法則は、今回も生きていた…。過去に4度も凶悪テロを未然に防いだ男が、数々の危機を切り抜けモスクワで巨大な陰謀に立ち向かう。

キャスト・スタッフ

出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー
監督:ジョン・ムーア
配給:20世紀FOX ©2013 Twentieth Century Fox. 公式HP
2013年2月14日公開


新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る