私の少女

 

m

予告編


イントロダクション

映画『オアシス』『シークレット・サンシャイン』『ポエトリー アグネスの詩』などの監督作で知られるイ・チャンドンがプロデュースした作品。同作は昨年の『カンヌ国際映画祭』「ある視点」部門に招待されたほか、『東京フィルメックス』コンペティション部門では『扉の少女』という仮題で上映されている。監督を務めるのは、同作が長編デビュー作となるチョン・ジュリ。ドヒを助け出そうと奔走するが、自身の過去が明らかにされたことで危機に晒されるヨンナムを演じるのは、『空気人形』『クラウドアトラス』などのぺ・ドゥナ。母親が蒸発し、養父と義祖母から虐待を受けているドヒを、『アジョシ』『冬の小鳥』のキム・セロンが演じる。

ストーリー

『人里離れた海辺の村、14歳の少女ドヒ(キム・セロン)。抜け道のないその場所で、母親が逃げ出した後、義父ヨンハ(ソン・セビョク)と祖父からの虐待の傷を抱えながら生きるドヒの前に、また別の傷を抱えて村の派出所長として左遷されたヨンナム(ペ・ドゥナ)が現われる。ヨンハや村の子供たちから受ける暴力からドヒを保護するヨンナム。ドヒは生まれて初めて会った救援者であり、この世のすべてになってしまったヨンナムと片時も離れたくない思いでいた。しかし、ヨンナムの秘密を知ったヨンハが彼女を危機に陥れ…。無力に見えた少女ドヒだったが、ヨンナムとの別れの危機を察すると、自身のすべてであるヨンナムを守るため危険な選択をすることになるのだが…。

 

p

キャスト・スタッフ

出演:ペ・ドゥナ、キム・セロン、ソン・セビョク
監督:チョン・ジュリ
配給:CJ Entertainment Japan ©2014 MovieCOLLAGE and PINEHOUSE FILM, ALL RIGHTS RESERVED 公式HP
2015年5月1日公開

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る