「日焼けに関する実態調査」「紫外線対策している人」97%!

 

紫外線対策

「昔の日焼けを無かったことに出来るなら・・・」
平均5万円払える!

猛暑が続く今年の夏。女性の大敵「日焼け」の対処法や、「日焼け」が原因の夏の恥ずかしい思い出などが明らかになった。

「紫外線対策している人」97%!始めたのは平均26歳!3人に1人は“恥ずかしい日焼け”の経験あり!

■ 97%の女性が紫外線対策をしている!

30~49歳の女性504名に対して「日焼けに関する実態調査」を実施した結果、始めたのは平均26歳!猛暑が続く今年の夏。女性にとって大敵なのは、熱中症と強い日差しからくる「日焼け」かもしれない。「紫外線対策をしていますか?」と聞いたところ、97%の女性が「している」と回答。30~40代の女性にとって「紫外線対策」は必須となっているようだ。

その紫外線対策の内容としては、「日焼け止めクリームを塗る」(43%)、
「日傘・帽子・サングラス等を使用する」(37%)、「外出を控える」(10%)となった。
また、紫外線対策を意識して始めたのは平均26歳となり、中には「8歳。(34歳・臨床心理士)」という人もいるようだ。

では、日焼けをしてしまったときにはどのように対処しているのだろうか。
最も多かったのは同率で「シートマスクをする」(30%)、「美容液をたっぷり塗る」(30%)となり、即効性のある化粧品に頼る人が多いようだ。続いて「サプリメントを飲む」(15%)、「美容ドリンクを飲む」(11%)となった。

 

紫外線対策
 

■ 「日焼け」を理由に行きたくないデートスポットTOP3 「海」「プール」「夏フェス」昔の日焼けに悩まされつつ、「紫外線対策」で10%と10人に1人が「外出しない」を選択するなど、今は徹底した「日焼け対策」をとっている女性も多い。

「日焼けを理由に行きたくないデートスポット」を聞いたところTOP3は、

“夏デートの王道”とも言える「海」(25%)、「プール」(20%)、「夏フェス」(18%)となった。30~40代の女性を夏のデートに誘う時には“日焼け対策”も考慮する必要がありそうだ。

そして、「日焼けが原因だと思うお肌の悩みは何ですか?」という質問には「シミ」(32%)が圧倒的に多く、「シワ」(19%)、「乾燥」(16%)、「くすみ」(14%)と続いた。また、「透き通るような白い肌」と「健康的な小麦色の肌」のどちらが理想ですか?と聞くと、90%が「透き通るような白い肌」と回答し、「健康的な小麦色の肌・・・もうこの年では怖くてムリです。(38歳・主婦)」、「この年齢になるとやはり『七難隠す・・・』と実感する。(40歳・主婦)」という理由が多くあがった。

ちなみに、「今のあなたにとって『日焼け』とは何ですか?」と聞いたところ以下のような意見があがった。「恐怖(35歳・主婦)」、「エイジングを加速させるもの(恐怖!)。(45歳・主婦)」、「肌が象に変身しちゃう事。(37歳・主婦」

紫外線対策おススメ商品

ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト

SPF50、PA++++。顔からだ両用の薬用日中用美白美容液。
紫外線カットレベル最高値の「SPF50」、「PA++++」で日差しを強力にシャットアウトする、顔・からだ両用の薬用UVカット美白美容液。美白有効成分ビタミンC誘導体、ブライトカプセル、ヒアルロン酸などの保湿成分配合で、美白ケアと肌のハリ感を実感できる日中用美容液。白浮き、ベタつきの少ない心地よい感触と、ナチュラルハーブの香りで、一日中気持ちよく使えます。

◆水・汗に強いウォータープルーフ
◆専用のクレンジングは必要ありません。
◆爽やかに香るナチュラルハーブの香り
◆アレルギーテスト済み
(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)
◆SPF50
◆PA++++

ホワイティシモ【詳細はこちら】

紫外線対策におススメのコスメ





















プロが認めるスキンケアシリース
プロが認めるスキンケアシリースは<セレブスタイルジャパン・マーケット>

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る