麦とろご飯で暑い時期を乗り切ろう!

 

麦とろご飯
6月16日は「麦とろの日」ということをご存知ですか?
日本記念日協会に登録された、れっきとした記念日だそうです。

暑くなってくるこの時期は、口当たりのさらっとした麦とろご飯はとっても食べやすくおいしいですよね。しかも栄養価が高く、夏バテ予防にとても適しています。

昔から麦とろは食べられており、松尾芭蕉の句等にも「麦とろ」が詠まれています。また、歌川広重の東海道五十三次の宿駅・丸子の名物として麦とろが描かれており、長く日本人に親しまれてきた一品です。とろろに使用される「長芋」「大和芋」などの山芋は、昔から「山のウナギ」と呼ばれるほど精がつく食材だといわれています。生薬では「山薬(サンヤク)」と呼ばれ、漢方では滋養強壮などのために用いられてきました。

山芋の栄養の特徴はデンプンをメインに、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが多く含まれています。アミラーゼやジアスターゼという酵素も含んでいて、消化を助ける働きもあります。

とろろのネバネバは「ムチン」という成分で、納豆、オクラ、モロヘイヤなどのネバネバもムチンによるもの。胃の粘膜をうるおし、保護する働きがあります。肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり、細胞を活性化し、老化の防止に役立ちます。また、酵素の作用によりタンパク質を無駄なく吸収する働きもあります。この働きは、疲労回復・スタミナの増強に効果があります。

とろろのネバネバは「ムチン」という成分で、納豆、オクラ、モロヘイヤなどのネバネバもムチンによるもの。胃の粘膜をうるおし、保護する働きがあります。

<白米だけより栄養価の高い麦ご飯>
お米は日本人の主食として栄養的にもたいへん優れている食品ですが、麦(大麦)は、それを上回る栄養価を持っています。糖質はお米よりもやや少なく、カルシウムは3倍、カリウムは2倍、食物繊維は17倍も含んでいます。普段食べるお米に大麦を混ぜるだけで、栄養バランスが簡単にアップします。特に食物繊維は「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の両方がバランスよく含まれ、食後の血糖値上昇を抑える、血中コレステロールを低下させるなどのことが近年の研究でわかっています。他にビタミンB1やビタミンB2、鉄分といった成分も比較的多めに含有されています。

【麦とろご飯の作り方】
●麦ごはんの炊き方
お米を1,5カップ、麦をカップ半分を別々に用意します(計2カップ)。麦は押麦でも米粒麦でもお好みのものを。お米と麦の割合もお好みで変えてもOK。麦が多いほどご飯全体の粘り気が少なくなり、独特の香りも強まります。
お米は研いで、同量から1.2倍の水を加えます。麦はさっとすすいで2倍の水を加えます。それを混ぜて炊飯器にセットします。十分に吸水させてから炊いてください(1時間以上)。

●山芋の簡単なおろし方
山芋の皮を剥き、厚手のビニール袋に入れます。しっかり封をしてすりこ木などで叩き潰すと出来上がりです。より滑らかな口当たりにしたい場合は、目の細かいおろし金や、すりばちですると良いでしょう。とろろの味付けにはめんつゆを適量入れます。お好みで青ねぎやみょうが、しそなどと一緒にどうぞ。

プロが選んだ厳選のボディケア商品
 

プロが選んだ厳選のボディケア商品はこちら
 

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る