MENU

「免疫力低下」最大の要因はストレス

当ページのリンクには広告が含まれています。
「免疫力低下」最大の要因はストレス


これからの季節、風邪やインフルエンザの流行にも気を付けたいところですが、病気のかかりやすさや治りやすさを左右する一つの大きな要素は、免疫力だと言えます。免疫力は、病気と戦い健康を維持する上で重要な働きを担う、自然治癒力の根幹です。

目次

免疫力に関するアンケート調査

今回の調査結果からは、半数以上の医師が「免疫力が弱まっている人が増加している」と実感しているというショッキングなデータが確認されました。その最大の要因が「ストレス」だと考える医師が多く、さらに「免疫力低下は本人に自覚されていないケースが多い」との回答も半数以上から得られています。日常生活における免疫力改善策には「睡眠・ストレス対策・食事」の見直しが最も勧められており、「免疫力は日々の積み重ねで構築される」と9割近くの医師が答えているように、日常生活の見直しが改めて重要視される結果となりました。

日本人の免疫力に警鐘、医師の53.4%が「免疫力低下」を実感

一般内科医師に対し、診察を行なう中で「免疫力が弱まっている人が増えている」と感じるか尋ねたところ、医師の53.4%が「増えている」と回答しました。また、「免疫力が弱まっている人が減っている」と答えた医師は0%であり、免疫力の低下傾向が広く実感されていることがうかがえるショッキングな内容となりました。

心労が体を蝕んでいる…、免疫力低下の最大の要因は「ストレス」(42.9%)

「免疫力が弱まっている人が増えている」ことを実感する医師に、免疫力低下の最大の要因が何だと考えられるかと問うと、ダントツの1位に「ストレス」(42.9%)がランクインする結果に。意外に思われるかもしれませんが、免疫系はこころと密接な関係があり、ストレスが免疫力を蝕むことは医療関係者に認識されています。それにしても、実際に診察する医師の多くが最大の要因に挙げるほど、「ストレス」が現代人の免疫力に悪影響を及ぼしていることは明白なようです。 2位以下には「疲労」(14.3%)、「食事」(12.5%)、「睡眠」(7.1%)、「運動」(7.1%)などが続きました。

危険はすぐそこ?! 医師の52.4%「本人に自覚なく免疫力低下しているケースが多い」

自分や周りの人の免疫力、気になる方も多いと思います。もし免疫力が弱まってしまった場合に、当事者は自覚することができるものなのでしょうか。医師に、免疫力が弱まっていることを本人が「自覚していない」ケースについて尋ねたところ、52.4%の医師が「多い」と回答しました。「少ない」と回答した医師は7.6%に止まり、医師の実感として「免疫力の低下を本人が自覚していない」状況が多くあることがわかりました。
知らない間に実は免疫力が低下、気付いた時には既に病に襲われて…、そんな恐ろしい事態も他人事とは言い切れません。誰しもそんな状況が起こりうることを示唆するような結果となりました。

免疫力改善策は「睡眠」「気分転換」「食事」

今日からできる!医師推薦の3大・免疫力改善策

知らず知らず免疫力が低下しているかもしれない人たちに向けた免疫力改善策を、医師に聞きました。日常生活の見直しとなるこれらは、すぐ今日からでも始められる、改善策であり予防策です。医師が勧める有効な改善策ベスト3は、「睡眠」(63.8%)・「気分転換・ストレス対策」(54.3%)・「食事」(44.8%)を見直すべき、という結果になりました。当たり前のようで決して疎かにできない、これらの生活習慣を見直すことで、免疫力アップが望めると言えそうです。

生活習慣が重要、9割近くの医師が「免疫力は日々の積み重ねで構築されると思う」

免疫力と生活習慣の関連性については、実に9割近くの医師が「免疫力は日々の積み重ねで構築されると思う」と回答しました。継続は力なり、毎日の睡眠・気分転換・食事を中心とする、日々の積み重ねが免疫力を左右し、ひいては健康に大きく影響を与えていると言えるようです。

悩み抱える方におすすめのサプリメント

【こんな悩み抱える方に】
・前向きになれない悩みに ・会社や学校がつらい ・ひきこもり、不登校、休職中の方に ・社会復帰/学校復帰を目指す方へ

免疫力UPに ココロとカラダをリラックス<CBDオイル>


Greeus(グリース)

roun(ラウン)

リラクゼーション関連記事はこちら

この記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次