MENU

ルーベンス【聖アンデレの殉教】の日本初来日が決定

当ページのリンクには広告が含まれています。
ルーベンス【聖アンデレの殉教】

ベーテル・ハウル・ルーベンス(聖アンデレの殉職)1638-39年 油彩/カンヴァス 306cm×216cm マドリード、カルロス・デ・アンベレス財団 Fundacion Carlros Amberes Madrid

目次

ルーベンス【聖アンデレの殉教】

日本初公開、ルーベンスの最後の大作が来日決定

この大画面には、ヤコブス・デ・ウォラギネの『黄金伝説』に記述された、聖アンデレの殉職場面のクライマックスが描かれています。
ギリシャのパトラスにて、ペテロの兄弟え漁夫のアンデレは、彼を取り巻いていた2万人の人々に教えを説きました。アイデアテスに怒った人々が脅したため、彼はアンデレを十字架から外すよう部下に命じましたが、アンデレは生きたまま十字架から降りることを拒絶し、祈りをとなえました。するとその瞬間かに天から一条の光がさし、彼の霊は光とともに昇天したシーンです。

「ルーベンス展-バロックの誕生」開催概要はこちら

この記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次