MENU

夏よりも秋に不調を感じる「秋バテ」に注意

当ページのリンクには広告が含まれています。
夏の不調が長期化・深刻化し、「秋バテ」を引き起こす!

目次

夏の不調が長期化・深刻化し、「秋バテ」を引き起こす!

『夏バテ』とは、夏の暑さで、体力や食欲が低下することにより、疲れやだるさなどの不調が現れる、いわゆる『暑気あたり』で、通常は、気候が穏やかになり、過ごしやすくなる秋口には、不調の症状は回復します。しかし、近年、冷房で身体を冷やすことにより、自律神経のバランスが乱れ、秋になって不調が出てくる、いわいる『秋バテ』を訴える人が増加しています。さらに、夏に冷たいものを摂りすぎたことにより起こる、『内臓冷え』が増加しました。内臓、特に胃腸が冷えることで、全身の冷えに繋がり、『夏バテ』が長期化、深刻化した結果、秋になっても疲れやだるさなどが続く『秋バテ』に。

秋の不調の症状として、「疲労(疲れが取れない)」、「肩こり」、「だるさ・倦怠感」などがあります。『秋バテ』は、暑いはずの夏に身体を冷やしてしまった結果、全身の血流が悪くなり、疲れやだるさ、肩こりとして表れたと言えます。『秋バテ』対策には、冷房や冷たい食事で冷えた身体をじんわりと温め、全身の血流を良くすることや、ゆったりリラックスすることが大切です。

「秋バテ」の原因に多いのは、「ストレス」

仕事もプライベートも頑張りすぎてしまいがちな性格の方は、夏の疲れに日ごろのストレスが上乗せされることで、さらに血流が悪くなり、『秋バテ』が深刻化することも考えられますので、ストレスを和らげるために、夜は、ゆったりリラックスして、副交感神経を優位にし、心と身体を休めることをお奨めします。

「じんわり温め」&「香り」で、心と身体をリセット

ストレスで不調には、リラックスモード時に優位になる副交感神経を「オン」にし、ストレスを和らげることが大切です。ぬるめのお湯(38℃~40℃くらい)にゆっくり入り、全身を温め、血めぐりを良くしましょう。入浴の際には、身体の芯まで温め、血めぐりを良くする、炭酸入りの入浴剤を活用すると、ぬるめのお湯でも血流をを良くすることができます。自分の好きな香りの入浴剤を入れるなどして、バスタイムでリラックスすることがお奨めです。

「ほぐしタイム」で、心と身体をリセット

身体には、血管や筋肉、ツボなどが密集している「温めポイント」がいくつかあります。肩は、「こり」が出やすい部位であるとともに、血管やつぼが密集しているため、効率的に血流をアップができる「温めポイント」でもあります。手軽に肌に直接貼れる温熱シートを肩に貼って、血流をを良くすることで、「こり」をほぐせます。さらに、9・12・3・6時など、時間を決め、一日のうちに数回、肩ほぐしタイムを作りましょう。肩ほぐしは、肩甲骨を動かすことを意識すると良いでしょう。また、蒸気が出るタイプのアイマスクを利用し、目と目元を温めると、緊張が和らぎ、リラックスできます。休憩時間や寝る前に活用しましょう。

北海道二股温泉・天然素材100%の温泉入浴剤あとぴたの粉【ひめの華】

北海道二股温泉・あとぴたの粉【ひめの華】は、世界に2箇所でしか採れないと言われる、石灰華(湯の花)100%の温泉入浴剤です。「アトピー」「かゆみ」の原因と言われている黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることができる貴重な水溶性炭酸カルシウムが95%以上も含まれています。

<血流・冷え性対策>おすすめ商品
アロマで心地よく温まる【CalmMe HERBALQ】
ひめの華 お得な初回限定お試しセット

高麗人参なら七宝人参
指先までぽかぽか!《無添加生姜シロップ》
5000億個の乳酸菌『乳酸ジンジャー』

健康関連記事はこちら

この記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次