「ダミアン・ハースト 桜」3/2より国立新美術館にて開催

ダミアン・ハースト 桜

展示構成と見どころ・主な展示品

イギリスを代表する現代作家であるダミアン・ハーストは、30年以上にわたるキャリアの中で、絵画、彫刻、インスタレーションと様々な手法を用い、芸術、宗教、科学、そして生や死といったテーマを深く考察してきました。最新作である〈桜〉のシリーズでは、19世紀のポスト印象派や20世紀のアクション・ペインティングといった西洋絵画史の成果を独自に解釈し、色彩豊かでダイナミックな風景画を完成させました。それはまた、1980 年代後半以降、継続的に抽象絵画を制作してきた作家にとっては、色彩や絵画空間に対する探究の大きな成果でもあります。大きいものでは縦5 メートル、横7メートルを超える画面に描かれた風景は、儚くも鮮やかに咲き誇る桜並木の下に身を置いた時のように、私たちを幻想的な世界に誘います。

スタジオでのダミアン・ハースト 2019年
Photographed by Prudence Cuming Associates.©Damien Hirst and Science Ltd. All rights reserved, DACS 2022

【作家プロフィール】
1965年、英国ブリストル生まれ。リーズで育ち、1984年からロンドン在住。
1988年、ゴールドスミス・カレッジ在学中に、学生と共に作品を展示した「フリーズ」展を主催。同展はハーストだけでなく、その他の新進アーティストのキャリアをスタートさせるきっかけになるとともに、「ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBAs)」の誕生を示すものとなった。1995年にはターナー賞受賞。彫刻、インスタレーション、絵画、ドローイングといった創作活動において、生と死、過剰さ、儚さといったテーマを探求する。これまでに2012年にはロンドンのテートモダンにて大規模回顧展となる「ダミアン・ハースト」展、ヴェネツィアのパラッツォ・グラッシおよびプンタ・デッラ・ドガーナにて2017年に「難破船アンビリーバブル号の宝物」展、2021年パリのカルティエ現代美術財団で「ダミアン・ハースト 桜」展を開催。日本では2008年の「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み」、2009年の「医学と芸術:生命と愛の未来を探る」(共に森美術館)などへの出展歴がある。

開催概要

「ダミアン・ハースト 桜」 公式HP

会期:2022年3月2日(水)~5月23日(月)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
開館時間:(入場は閉館の30分前まで)
10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで
休館日:火曜日
※ただし5月3日(火・祝)は開館

チケット販売情報

入館料:
一般/1,500円  大学生/1,200円 高校生/600円
中学生以下は入場無料。

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、無料招待券を2組4名様にプレゼント!

 応募詳細はこちら 応募締め切り 2022年2月25日

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

特集記事

公式サイト 初回限定お試しセット
お得な公式サイト初回限定お試し一覧へ
商品レビュー
スタッフがお試し!商品レビュー

乾燥肌・敏感肌
乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア
目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線
ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策
毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア
繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

シミ・UVケア
シミ・美白・紫外線対対策におススメのスキンケア

ヘアケア お悩み

枝毛・くせ毛・頭皮ケアにおすすめのヘアケア

ダイエット
体脂肪・内脂肪・セルライト対策

免疫力UP
免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ
話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集
男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館
話題の美術館・博物館特集

セレブスタイルジャパン・マーケットline
facebookTwitter
pinterestinstagram

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る
Enable Notifications OK No thanks