「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」より東京ドームシティ Gallery AaMoにて開催

2020年9月5日(土)から2020年10月18日(日)にかけて、東京ドームシティ Gallery AaMoにて「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」を開催することが決定いたしました。

空想の世界を、あたかも現実の風景のように映画やテレビに描き出す「特撮」。日本独自の「特撮文化」に着目し、その技術と継承者たちにスポットを当てる展覧会として2016年にスタートした「特撮のDNA」は、これまで「ゴジラ」や「ガメラ」をテーマに各地で開催し、累計13万人超を動員してきました。そして今年の秋、円谷プロダクションが生み出した国民的特撮ヒーロー「ウルトラマン」のGenealogy(ジニオロジー=系譜)を辿る展覧会「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」を開催いたします。

「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」は、誕生から50年以上の歳月を経て、今なお進化と拡大を続ける特撮ヒーロー・ウルトラマンの魅力に迫る展覧会です。本展では昭和・平成・令和と時を超えて愛されるウルトラマンシリーズの系譜をテーマにしており、各時代を代表する歴代のヒーローたちが大集結します。また、ウルトラマンシリーズだけでなく、他の円谷プロ作品についても紹介する予定です。尚、展覧会の他に、ヒーローとのグリーティング、作品出演俳優陣によるトークショー、開催記念限定アイテムの販売等も予定しています。

【「特撮のDNA」について】
特撮=特殊撮影技術。

日本では、「特撮」は撮影技術という意味を飛び越え、「特撮」というジャンルを形成しています。今なお幅広い世代に愛される作品に特撮は大きな役割を果たし、多くの人に驚きと感動を与えてきました。

この技術を日本の映像に初めて取り入れたのが、特撮の神様・円谷英二です。以来、創意工夫と試行錯誤を繰り返し、積み重ねられてきた技術と情熱は、世代を超え、今日に至るまで脈々と受け継がれています。特撮は技術であり、財産であり、怪獣でもあり、ヒーローでもあるのです。

あなたにとっての特撮が見つかるかもしれない、本物と出会える場所。それが「特撮のDNA」です。

詳細に関しては今後公式サイト及びSNSなどを通じて、随時発表していきますのでご期待ください。

【開催概要】
■名称:「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」
■会期:2020年9月5日(土)~2020年10月18日(日)
■会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(東京都文京区後楽1-3-61)
■営業時間:平日 12:00-20:00/土日祝 10:00-19:00
■主催:特撮のDNA製作委員会
■お問い合わせ先:help@cs-center.info
公式HP

<注意事項>
※最終入場は閉場30分前までとなります。
※会期中休館日なし。
※混雑状況により、待ち時間が発生してしまう場合がございます。予めご了承ください。
※本イベントでは、新型コロナウイルス感染予防対策として、入場制限・換気強化・消毒(手指・場内)の徹底・ソーシャルディスタンスの確保・検温の実施・マスク着用の徹底・体調不良のスタッフの勤務禁止の徹底他、十分な感染予防対策を実施した上で開催を予定しています。感染予防対策の詳細につきましては、後日更新いたします。ご来場前に公式サイトにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

©円谷プロ ©特撮のDNA製作委員会

ピックアップ記事

おしゃれ テーブルウェアーシリーズ

セレブインテリア

ダイエット・スリミングコスメ&グッズ

おしゃれなペットキャリーバッグ

ページ上部へ戻る