「ルーベンス展-バロックの誕生」2018年10月16日(火)より 国立西洋美術館にて開催

ルーベンス展

ルーベンスの作品を中心に、彼が影響を受けた古代美術やルネサンスの作品、そしてルーベンスから刺激を受けたイタリア人画家の作品を一堂に展示。

ルーベンス(1577-1640)はスペイン領ネーデルラント(現在のベルギー、ルクセンブルクを中心とする地域)のアントウェルペンで育ちました。由緒ある家柄の息子だったため、宮廷人となるべく高度な教育をほどこされましたが、画家への思い捨てがたく、修業を始めます。修業を終えると1600年から08年までイタリアに滞在し、古代美術やルネサンスの美術を咀嚼しつつ、当時の最先端の美術を身につけた画家に成長しました。アントウェルペンに戻ったルーベンスはこの地を治める総督夫妻の宮廷画家となり、大規模な工房を組織して精力的に制作に励みましたが、一方で外交官としても活動します。彼はスペインやイギリスなどに赴き、当時戦乱のさなかにあったヨーロッパに平和をもたらすべく、奔走しました。その際も各地の宮廷のコレクションを熱心に研究し、自らの制作に役立てました。彼は光と動きにあふれる作品によって、当時ヨーロッパで流行したバロック美術を代表する画家となっています。

主な展示品

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

内覧会の模様

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

 

開催概要

「ルーベンス展-バロックの誕生」 公式HP
会場:国立西洋美術館 公式HP
東京都台東区上野公園7-7 地図
会期:2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
開館時間:9:30~17:30 ※金曜日、土曜日は20:00まで
ただし11月17日は17:30まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日 ※12月24日、1月14日は開館、12月28日~1月1日、1月15日

チケット販売情報

国立西洋美術館ほか主要プレイガイド
当日券:一般/1,600円 大学生/1,200円 高校生:800円
中学生以下無料
音声ガイド:長澤まさみ

iconicon
▶【チケットぴあ購入画面へ】icon

「ルーベンス展―バロックの誕生」開催記念MOOK『ルーベンスぴあ』
バロック美術の大巨匠・ルーベンスの魅力と展覧会の見どころをわかりやすく解説したガイドブックです。

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、無料招待券を10組20名様にプレゼント!

 応募詳細はこちら 応募締め切り 2018年10月1日

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

新規会員登録
男性のためのスキンケア特集
 

facebook twitter pintent twitter

スタッフ商品レビュー

ピックアップ記事

おしゃれ テーブルウェアーシリーズ

セレブインテリア

ダイエット・スリミングコスメ&グッズ

おしゃれなペットキャリーバッグ

ページ上部へ戻る