「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」開催

ワサン・シッティケート《私の頭の上のブーツ》撮影:マニット・スリワンチプーン
1993年 作家蔵

アジア各地のアヴァンギャルド・アートが東京に集結

東京国立近代美術館にて、2018年10月10日(水)から12月24日(月・休)まで、展覧会「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」を開催いたします。
本展覧会では、アジアの近代美術が現代美術へと転換する1960年代から90年代の、日本を含むアジアのアートシーンに注目します。当時の大きな社会状況の変化の中で、アーティストが既存のジャンルに留まらない表現方法を開拓していくプロセスを初めて本格的に取り上げるものです。東京国立近代美術館、韓国国立現代美術館、シンガポール国立美術館と国際交流基金アジアセンターによる、アジアの戦後美術を再考する5年に及ぶ国際共同プロジェクトの集大成です。アジア各国・地域の90組以上の作家による約140点の作品を3つのテーマに分類・構成し、アーティストたちによって挑戦的かつ実験的なアヴァンギャルド・アートが生み出されていくさまを読み解きます。

主な展示品

開催概要

アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代
会期:2018年10月10日(水)~12月24日(月・休)
会場:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー
千代田区北の丸公園3-1 地図
開館時間:10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)
(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(12/24は開館)

チケット販売情報

観覧料: 一般1,200(900)円、大学生800(500)円
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
*高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
*キャンパスメンバーズ加入校の学生は、学生証の提示で割引料金500円でご鑑賞いただけます。

*本展の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」(4-2F)、「遠くへ行きたい コレクションを中心とした小企画」(2F ギャラリー4)、「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展」 (工芸館)もご覧いただけます。

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、無料招待券を5組10名様にプレゼント!

 応募詳細はこちら 応募締め切り 2018年9月20日

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

ピックアップ記事

おしゃれ テーブルウェアーシリーズ

セレブインテリア

ダイエット・スリミングコスメ&グッズ

おしゃれなペットキャリーバッグ

ページ上部へ戻る