「はいからさんが通る」展 〜大正♡乙女らいふ×大和和紀ワールド!〜弥生美術館で開催

「はいからさんが通る」展
©大和和紀/講談社

大きなリボンを頭に結び、矢絣の着物に袴、編み上げブーツで颯爽と自転車に乗る少女たち…卒業式の定番として愛される華やかでキュートな袴スタイルは、明治〜大正時代の女学生の装いです。女学生の袴姿は、和装から洋装へと移り変わる過渡期に現れた一瞬のきらめきでした。1975年に漫画家・大和和紀が描いた「はいからさんが通る」の大ブームによって袴姿の女学生は再び脚光を浴び、本作は第1回講談社漫画賞を受賞しました。

本展では「はいからさんが通る」の原画とともに大正〜昭和初期の女学生や職業婦人などの女性文化を当時の資料からご紹介します。さらに大和和紀の画業を「あさきゆめみし」「ヨコハマ物語」「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」などの代表作や貴重な初期作品も含む、原画約200点からご覧いただきます。

主な展示品

previous arrow
「はいからさんが通る」 第1巻 1975年 ©大和和紀/講談社
弁慶橋にて(東都女学生通学姿)『少女画報』1913(大正2)年12月
「どろぼう天使」1969年(若木書房)©大和和紀 *デビュー作品
「ラブパック」1巻 1974年 ©大和和紀/講談社
「あさきゆめみし」第1巻 1980年 ©大和和紀/講談社
『週刊少女フレンド』表紙 1983年1号 ©大和和紀/講談社
next arrow
 

 

開催概要

会期:2017年9月29(金)〜12月24日(日)
作品保護のためカラー原画の展示替えあり
前期 9月29日(金)〜10月29日(日)
中期 10月31日(火)〜11月26日(日)
後期 11月28日(火)〜12月24日(日)
※展示コーナーは大きく変わらず、カラー原画のみが入れ替わります。
開館時間:10:00〜17:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
会場:弥生美術館 東京都文京区弥生2-4-3 地図
入館料:一般900円/大・高生800円/中・小生400円
弥生美術館・ 竹久夢二美術館は同じ建物内で見学ができ、上記料金で二館併せてご覧いただけます。

関連ニュース

劇場版「はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜」(前編)11月11日ロードショー
作品紹介はこちら

「竹久夢二 心に残る風景を探して」―自然、旅、東京の景色を描く― 竹久夢二美術館で開催
▶展覧会紹介はこちら

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、入場ペアチケットを5組10名様にプレゼント!

▶応募詳細はこちら 応募締締め切り 2017年10月31日

 

「はいからさんが通る」【dアニメストア】



セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

特集記事

初回限定お試し
お得な公式サイト初回限定お試し一覧へ
商品レビュー
スタッフがお試し!商品レビュー

乾燥肌・敏感肌
乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア
目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線
ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策
毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア
繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

 

ダイエット
体脂肪・内脂肪・セルライト対策

免疫力UP
免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ
話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集
男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館
話題の美術館・博物館特集

セレブスタイルジャパン・マーケットline
facebookTwitter
pinterestinstagram

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る