日本・デンマーク国交樹立150周年記念「デンマーク・デザイン」展、11月23日(木・祝)より東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて開催

ロイヤル コペンハーゲン

快適でモダン。伝統と機能美。ヒュゲを愛する、暮らしのかたち。

日本でもおなじみのアンデルセン童話や玩具レゴブロックなどを生んだ北欧の国デンマーク。日本の九州ほどの大きさの国土に約570万人が生活しています。国連が発表する幸福度世界ランキングでは、充実した社会福祉制度を背景に、毎年上位に名を連ね、幾度も1位に輝いています。

デンマークは、近年、ますます人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大国でもあります。とりわけ第二次世界大戦後の「ミッド・センチュリー(=20世紀の中ごろ)」と呼ばれる世界的な「デザイン史上の黄金期」には、アーネ・ヤコプスン(アルネ・ヤコブセン)、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)、フィン・ユールなどのデザイナーたちが、デザイン史に名を残す数多くの優品を創り出しました。彼らの作品に見られる、シンプルな美しさと機能性、技術力に支えられた高いクオリティは、現代に至るまでデンマークのデザインの大きな特徴をなしています。そこには、誰もが良質で快適な住まいを持つことを推奨してきた、福祉国家としての姿勢をうかがうことができます。

本展は、デンマークと日本の修好150年事業の一環として開催されます。デンマーク・デザイン博物館の学術協力のもと、19世紀後半からミッド・センチュリーを経て現在に至る、家具類、食器類、照明器具、日用品等を一堂に展示し、世界を魅了し続けるデンマーク・デザインを紹介します。

※【ヒュゲ:hygge】デンマーク語で「温かな居心地のよい雰囲気」という意味の言葉。

主な展示品

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

 

開催概要

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館  公式HP
新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

[map address=”新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館” width=”100%” height=”300px” api=”AIzaSyA8x5AWNvYEhJyyxIe_zXgGDfaw6DZwOJA” theme=”discreet” class=” ” zoom=”16″ draggable=”true” controls=”true”]
会期:2017年11月23日(木・祝)~12月27日(水)
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は19:00まで
休館日:月曜日(ただし12月25日は開館)
観覧料:( )内は20名以上の団体料金および前売り料金
・一般/1,200円(1,000円) 大・高生/800円(650円)
中学生以下:無料 ※学生書、生徒手帳をご提示ください
65歳以上:1,000円 年齢のわかる物をご提示ください
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。

チケット販売情報

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 受付、ほか主要プレイガイド

icon
icon
▶【チケットぴあ購入画面へ】
icon

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、無料招待券を5組10名様にプレゼント!

応募詳細はこちら  応募締め切り 2017年11月12日

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

ピックアップ記事

おしゃれ テーブルウェアーシリーズ

セレブインテリア

ダイエット・スリミングコスメ&グッズ

おしゃれなペットキャリーバッグ

ページ上部へ戻る