「あやしい絵展」3/23より東京国立近代美術館にて開催

絵に潜む真実、のぞく勇気はありますか?

展示構成と見どころ

明治期、あらゆる分野において西洋から知識、技術などがもたらされるなか、美術も西洋からの刺激を受けて、新たな時代にふさわしいものへと変化していきました。

このような状況のもとで生み出されたさまざまな作品の中には、退廃的、妖艶、グロテスク、エロティックといった「単なる美しいもの」とは異なる表現がありました。これらは、美術界で賛否両論を巻き起こしつつ、激動する社会を生きる人々の欲望や不安を映し出したものとして、文学などを通して大衆にも広まっていきました。

本展では幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などからこうした表現を紹介します。

主な展示品

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

開催概要

あやしい絵展公式HP

会期:2021年3月23日(火)~5月16日(日)
会場:東京国立近代美術館1階 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3-1)
開館時間:(入館は閉館の30分前まで)
10:00~17:00
休館日:月曜日
※ただし、3月29日、5月3日は開館、5月6日(木)は休館
音声ガイド: 平川大輔

チケット販売情報

プレゼント
セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

facebook twitter pintent twitter

ピックアップ記事

セレブスタイルジャパン・マーケット

D&Dカトラリー

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

セレブ愛用アクセサリー【ハートブレイカー】

ページ上部へ戻る