「クリムト展 ウィーンと日本 1900」2019年4月23日(火)より東京美術館にて開催

グスタフ・クリムト(1862~1918)は、19世紀末から20世紀初頭のウィーンで活躍した画家です。代表作《接吻》はオーストリアの芸術を代表する国宝的作品として位置付けられ、今や国外への出品は許されない作品となっています。写実的でアカデミックな画風から出発したクリムトは、やがて金箔を多用する「黄金の時代」を経て、装飾的で抽象的な色面と人物を組み合わせた独特の画風を確立、ウィーン・モダニズムの旗手として活躍しました。無垢な少女、魔性の女、運命の女…女性の様々な魅力を描き出した華麗な女性像は、国内外で圧倒的な人気を誇ります。 日本国内でも展覧会開催を希望する声は耳にしますが、クリムトは遅筆なうえ、作品がナチス・ドイツに接収されたり、戦火で焼失したりするなど歴史の波に翻弄され、現存する作品が多い作家とは言えません。また建物の天井画や壁画など、現地を訪れ なくては実物を見られない作品も多々あります。

本展は、クリムト作品の世界的殿堂ともいえるウィーンのベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館の所蔵作品を中心に、クリムトの画業の変遷と彼とともに活躍した同時代の画家たちの作品を紹介します。黄金時代の代表作のひとつ《ユディトⅠ》など、日本では過去最大級となる約20 点のクリムトの油彩画が揃います。 さらにクリムトが手がけた全長34mにも及ぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製も来日。ウィーンの分離派会館での 展示を再現します。 また 2019 年はオーストリアと日本の外交 150周年を迎える記念の年です。19世紀末のウィーンで紹介された日本の工芸品や絵画を通して、クリムトが受けたジャポニスムの影響にも迫ります。

主な展示品

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

 

開催概要

クリムト展 ウィーンと日本 1900
Gustav Klimt: Vienna – Japan 1900 公式HP

会期:2019年4月23日(火)~7月10日(水)
会場:東京都美術館 企画展示室
開室時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は9:30~20:00
休室日:5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)

チケット販売情報

※前売券は1月17日(木)~4月22日(月)まで販売
(企画チケットを除く。詳細は公式サイト)
入館料:()内は前売り
一般/1,600円(1,400円)大学生・専門学校生/1,300(1,100円) 高校生/800円(600円)65歳以上/1,000円(800円)
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください

巡回情報

2019年7月23日(火)~10月14日(月・祝)/豊田市美術館(愛知県豊田市)

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、無料招待券を5組10名様にプレゼント!

 応募詳細はこちら 応募締め切り 2019年4月10日

【クリムトデザイン】ヴィンテージ・キャビネット

ヴィンテージアートファーニチャー コンテンポラリーキャビネット。
【コンテンポラリー】とは、ラテン語で【現代】という意味。グスタフ・クリムトの絵画をイメージしたカラー、黒と白のコントラストが際立つ直線、柔らかな曲線の花柄を組み合わせたモダンな柄は、和風、洋風のどちらにも合うデザインです。
表面は『洋拍』を一枚一枚丁寧に貼った上から手書きで絵付けをおこなっております。輝くそのフォルムはまるで一枚の絵画のような芸術性を感じさせます。

【サイズ】 幅61×奥行35.5×高さ76cm  棚内寸サイズ:・上段:幅57.5×奥行32×高さ29cm ・下段:幅57.5×奥行32×高さ30cm ※ハンドメイド商品のため若干の個体差があります
【素材】MDF/ラッカー塗装

お求めはこちら
セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

新規会員登録
男性のためのスキンケア特集
 

facebook twitter pintent twitter

スタッフ商品レビュー

ピックアップ記事

おしゃれ テーブルウェアーシリーズ

セレブインテリア

ダイエット・スリミングコスメ&グッズ

おしゃれなペットキャリーバッグ

ページ上部へ戻る