『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』2019年4月24日(水)より国立新美術館にて開催

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、ヨーゼフ・ホフマン(1870-1956)、アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場し、ウィーンの文化は黄金期を迎えます。それは美術の分野のみならず、音楽や精神医学など多岐にわたるものでした。

本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化(モダニズム)への過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会です。18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる本展は、ウィーンの豊穣な文化を知る展覧会の決定版と言えます。

主な展示品

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

 

開催概要

日本・オーストリア外交樹立150周年記念
「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」公式HP
【東京展】
会期:2019年4月24日(水)〜8月5日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
※毎週金・土曜日は、4・5・6月は20:00、7・8月は21:00まで。
4月28日(日)〜5月2日(木)と5月5日(日)は20:00まで開館。
休館日:毎週火曜日 ※ただし4月30日は開館
【大阪展】
会期:2019年8月27日(火)〜12月8日(日)
会場:国立国際美術館
休館日:毎週月曜日
※ただし、9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館し、翌日休館。
音声ガイド:城田優

チケット販売情報

入館料:()内は前売り価格
一般/1,600円(1,400円) 大学生/1,200円(1,000円) 高校生/800円(600円)
※中学生以下無料
前売券販売期間:2019年1月11日(金)~4月23日(火)
※国立新美術館では 4月22日(月)まで。4月24日(水)以降は当日券の販売。

iconicon
▶【チケットぴあ購入画面へ】
icon

【クリムトデザイン】ヴィンテージ・キャビネット
ヴィンテージアートファーニチャー コンテンポラリーキャビネット。
【コンテンポラリー】とは、ラテン語で【現代】という意味。グスタフ・クリムトの絵画をイメージしたカラー、黒と白のコントラストが際立つ直線、柔らかな曲線の花柄を組み合わせたモダンな柄は、和風、洋風のどちらにも合うデザインです。
表面は『洋拍』を一枚一枚丁寧に貼った上から手書きで絵付けをおこなっております。輝くそのフォルムはまるで一枚の絵画のような芸術性を感じさせます。

【サイズ】 幅61×奥行35.5×高さ76cm  棚内寸サイズ:・上段:幅57.5×奥行32×高さ29cm ・下段:幅57.5×奥行32×高さ30cm ※ハンドメイド商品のため若干の個体差があります
【素材】MDF/ラッカー塗装

お求めはこちら

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

新規会員登録

facebook twitter pintent twitter

 
商品レビュー

セレブスタイルジャパン・マーケット

D&Dカトラリー

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

セレブ愛用アクセサリー【ハートブレイカー】

ページ上部へ戻る