「隈研吾展 新しい公共性をつくるための🐱の5原則」6/18より東京国立近代美術館にて開催

ライースリペア   DUOクレンジングバーム


雲の上の図書館 / YURURIゆすはら 2018 ©Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

展示構成と見どころ

米TIME誌にて「2019年世界で訪れるべき最も素晴らしい場所100選」に選ばれた《V&Aダンディー》や《国立競技場》の設計に参画するなど、現代日本を代表する建築家のひとりである隈研吾(1954-)。

本展では、世界各国に点在する隈作品の中から公共性の高い68件の建築を、隈が考える5原則「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」に分類し、建築模型や写真やモックアップ(部分の原寸模型)などにより紹介。その他、映像作品、前庭に展示されるトレーラーハウスを合わせ、合計74件で隈の世界を紹介します。章解説や作品解説はすべて隈本人によるもの。また、瀧本幹也や藤井光など第一線で活躍するアーティストによる映像作品で隈建築をさまざまな観点から見ていただく空間のほか、360度VRなどの体感要素、さらに、ネコの視点から都市での生活を見直すリサーチプロジェクト《東京計画2020(ニャンニャン) ネコちゃん建築の5656(ゴロゴロ)原則》(Takramとの協働)も発表します。

隈研吾プロフィール
1954年生。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。2009年より2020年3月まで東京大学教授。現在、東京大学特別教授・名誉教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三の国立屋内総合競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を志す。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。これまで20か国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞、国際木の建築賞(フィンランド)、国際石の建築賞(イタリア)等、受賞多数。

主な展示品

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

開催概要

隈研吾展 新しい公共性をつくるための🐱の5原則 公式HP

会期:2021年6月18日(金)~9月26日(日)
会場:東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)
開館時間:(入館は閉館の30分前まで)
10:00~17:00 金・土曜日:10:00~21:00
休館日:月曜日、8月10日(火)、9月21日(火)
※ただし、7月26日、8月2日、9日、30日、9月20日は開館

チケット販売情報

入館料:()内は前売り
一般/1,300円(1,100円)  大学生/800円(500円) 
高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

プレゼント

本展覧会の開催を記念して、無料招待券を5組10名様にプレゼント!

 応募詳細はこちら 応募締め切り 2021年6月1日

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

ライースリペア 実感セット   アイ エクストラ セラム セット

facebook twitter pintent twitter

ピックアップ記事

  1. 毛穴の悩み
  2. 薬用スポッツ美白クリーム

セレブスタイルジャパン・マーケット

D&Dカトラリー

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

セレブ愛用アクセサリー【ハートブレイカー】

ページ上部へ戻る