「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館にて開催

ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
開催延期のお知らせ

東京都美術館にて 1⽉22⽇(⼟)からの開催を予定しておりました「ドレスデン国⽴古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」は、新型コロナウイルス感染拡⼤の影響により、展覧会の準備を当初の予定通り⾏うことが困難になったことから、開幕⽇の延期を決定いたしました。

そのため、1⽉7⽇(⾦)から予定していましたチケットの⽇時指定予約は中⽌とし、開幕の⽬途が⽴ち次第、改めて新たな開幕⽇とチケットの予約開始⽇を、展覧会公式サイト等でお知らせいたします。

展示構成と見どころ・主な展示品

17世紀オランダを代表する画家ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》は、窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。1979年のX線調査で壁面にキューピッドが描かれた画中画が塗り潰されていることが判明、長年、その絵はフェルメール自身が消したと考えられてきました。しかし、その画中画はフェルメールの死後、何者かにより消されていたという最新の調査結果が、2019年に発表されました。
本展では、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドの画中画が現れ、フェルメールが描いた当初の姿となった《窓辺で手紙を読む女》を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館でのお披露目に次いで公開します。所蔵館以外での公開は、世界初となります。加えて、同館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなどオランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点も展示します。

1. フェルメール《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館以外で世界初公開!
隠されていたキューピッドの画中画が姿を現した本作を、所蔵館でのお披露目に次いで公開します。修復後の姿を公開するのは、所蔵館以外では世界初となります。

2. 《窓辺で手紙を読む女》修復プロジェクトの過程をご紹介
上塗りされた絵具層を慎重に取り除き、徐々に姿を現していくキューピッド。その修復の過程を、映像やパネル等でご紹介します。

3. ドレスデン国立古典絵画館が誇る17世紀オランダ絵画コレクション
フェルメールだけでなく、レンブラント、メツー、ファン・ライスダールといった17世紀オランダを代表する画家たちの名品約70点を展示します。

previous arrow
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復前) 1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後) 1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヘラルト・テル・ボルフ《手を洗う女》1655-56年頃 ドレスデン国立古典絵画館
フランス・ファン・ミーリス《化粧をする若い女》 1667年 ドレスデン国立古典絵画館
ヘラルト・ダウ《歯医者》 1672年 ドレスデン国立古典絵画館 
ハブリエル・メツ―《レースを編む女》1661-64年頃 ドレスデン国立古典絵画館  
ミヒール・ファン・ミーレフェルト《女の肖像》 制作年不詳 ドレスデン国立古典絵画館
レンブラント・ファン・レイン《若きサスキアの肖像》 1633年 ドレスデン国立古典絵画館
パウルス・ポッテル《家畜の群れ》 1652年 ドレスデン国立古典絵画館
ヤーコプ・ファン・ライスダール《城山の前の滝》 1665-70年頃 ドレスデン国立古典絵画館
アドリアーン・ファン・オスターデ《タバコを吸う二人の農夫》 1664年 ドレスデン国立古典絵画館
ワルラン・ヴァイヤン《手紙、ペンナイフ、羽根ペンを留めた赤いリボンの状差し》 1658年 ドレスデン国立古典絵画館
ヤン・ステーン《ハガルの追放》 1655-57年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヤン・デ・ヘーム《花瓶と果物》 1670-72年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヨセフ・デ・ブライ《ニシンを称える静物》 1656年 ドレスデン国立古典絵画館
next arrow
 
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復前) 1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後) 1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヘラルト・テル・ボルフ《手を洗う女》1655-56年頃 ドレスデン国立古典絵画館
フランス・ファン・ミーリス《化粧をする若い女》 1667年 ドレスデン国立古典絵画館
ヘラルト・ダウ《歯医者》 1672年 ドレスデン国立古典絵画館 
ハブリエル・メツ―《レースを編む女》1661-64年頃 ドレスデン国立古典絵画館  
ミヒール・ファン・ミーレフェルト《女の肖像》 制作年不詳 ドレスデン国立古典絵画館
レンブラント・ファン・レイン《若きサスキアの肖像》 1633年 ドレスデン国立古典絵画館
パウルス・ポッテル《家畜の群れ》 1652年 ドレスデン国立古典絵画館
ヤーコプ・ファン・ライスダール《城山の前の滝》 1665-70年頃 ドレスデン国立古典絵画館
アドリアーン・ファン・オスターデ《タバコを吸う二人の農夫》 1664年 ドレスデン国立古典絵画館
ワルラン・ヴァイヤン《手紙、ペンナイフ、羽根ペンを留めた赤いリボンの状差し》 1658年 ドレスデン国立古典絵画館
ヤン・ステーン《ハガルの追放》 1655-57年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヤン・デ・ヘーム《花瓶と果物》 1670-72年頃 ドレスデン国立古典絵画館
ヨセフ・デ・ブライ《ニシンを称える静物》 1656年 ドレスデン国立古典絵画館
previous arrow
next arrow

 

開催概要

ドレスデン国立古典絵画館所蔵
フェルメールと17世紀オランダ絵画展 公式HP

会期:2022年1月22日(土)~4月3日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)
休室日:月曜日、3月22日(火)
※ただし3月21日(月・祝)は開室
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料:
一般 2,100円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 65歳以上 1,500円

巡回展
【北海道展】
北海道立近代美術館2022年4月22日(金)〜6月26日(日)

【大阪展】
大阪市立美術館2022年7月16日(土)〜9月25日(日)

【宮城展】
会場、会期ともに調整中

セレブスタイルジャパンおススメ!話題の展覧会~美術館・博物館

特集記事


初回限定特典・お得なコスメ一覧へ

商品レビュー

スタッフがお試し!商品レビュー

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線

ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策

毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア

繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

紫外線対策

紫外線対対策におススメのスキンケア

美顔器特集

エイジングケアのマストアイテム★おススメ美顔器

ダイエット

体脂肪・内脂肪・セルライト対策

免疫力UP

免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ

話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集

男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館

話題の美術館・博物館特集

facebook twitter pintent twitter

ピックアップ記事

  1. 夢のAI通訳機「ポケトークS× 機動戦士ガンダム」数量限定発売

  2. 全国の百貨店美容部員が選ぶ40代以上に勧めたいアイクリーム1位【ハーリス アイセラム】

  3. パサつき・うねり髪に!ウチワサボテンオイル【サボーテ】熱に反応して髪を修復と保湿

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る