20歳を境に コラーゲンは減少 コラーゲン食品・化粧品の効果とは?

コラーゲンは「20歳頃」をピークに減少する
コラーゲン食品の効果とは?

コラーゲンは、炭水化物・脂質とともに三大栄養素と呼ばれる、体にとって重要な成分です。体内を構成しているたんぱく質の30%を占めています。

また、コラーゲンはカラダのどこに多く含まれているかというと、約40%が皮膚に、約10~20%が骨・軟骨に存在しています。その他、コラーゲンは血管や内臓にも存在し、まさにカラダの基盤の役割を果たしているといえます。

平均的な日本人女性(体重53kg)の場合、体内のコラーゲン量は約3kg。500mlのペットボトルに換算すると、実に約6本分にものぼります。コラーゲンは、成長にあわせてどんどん増え「20歳頃」にピークをむかえます。その後、加齢と共に生まれ変わりのサイクルが遅くなったコラーゲンは劣化します。

古いコラーゲンが残ると、柔軟性が乏しくなり、細胞への酸素や栄養素の供給が悪くなるため、老廃物も溜まりやすく、細胞本来の働きを衰えさせます。コラーゲンの代謝のバランスが崩れると新しいコラーゲンが不足し、老化を実感させることに繋がります。肌や髪などに “エイジングによるダメージのサイン” としてあらわれる頃には、かなり深刻なレベルになっています。若いうちから早めに代謝の正常化を心がけ、代謝を高めておくことが大切です。

コラーゲンを多く含む食べ物

コラーゲンには動物性食品と海洋性食品があります。

動物性食品 ・手羽先、鶏の皮、豚足、豚バラ肉、軟骨、牛すじ、牛テール、卵の黄身など

海洋性食品 ・スッポン、うなぎ、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮など

ただし、コラーゲンが多く含まれる食品が、そのまま肌のコラーゲンになるわけではありません。コラーゲンは食事から摂取すると、他のたんぱく質と同様に体内でアミノ酸などの低分子に分解されます。コラーゲンを食べても、そのまま様々な部位に運ばれてコラーゲンになるわけではありません。

また、食べたコラーゲンは最終的に分解されてしまうことを考えると、「たくさん量を摂る」ことも、肌のコラーゲン量アップを目指すうえではあまり意味がないと考えられます。つまり、フカヒレなどをたくさん食べたからといって、肌のコラーゲン量はほとんど増えないのです。

食べ物から体内コラーゲンを増やすには、コラーゲンの構成成分である「アミノ酸」の摂取量を増やすことが重要です。また、コラーゲンを増やすには酵素の働きを促進させるためにビタミンCが不可欠です。

コラーゲンの種類

健康食品のコラーゲンを効率よく摂取するには
コラーゲンは分子量の大きさや形によって呼び方が異なります。分子量の大きい順に「コラーゲン」「ゼラチン」「コラーゲンペプチド」といいそれぞれ機能性が異なります。

市場には多くのコラーゲン商品が販売されています。その多くが、低分子化したコラーゲンペプチドです。アミノ酸に消化されずにそのまま腸管から吸収される確率が高く、軟骨や骨の生成に影響していることがわかってきました。

コラーゲンの種類

「コラーゲンペプチド」のメカニズム 

しかし、どのコラーゲンペプチドを食べても同じ効果を発揮するわけではありません。

コラーゲンペプチドP-O、O-G
コラーゲンペプチド(P-O、O-G)は、腸で吸収後、血流にのって、皮膚、軟骨、骨などの細胞に運ばれて、細胞の働きを調整するようシグナル(命令)を出します。「コラーゲンペプチド」を摂ると、各部位の細胞にシグナル(命令)を与える活性型コラーゲンペプチド(P-O、O-G)が体内で出現して、修復が必要な組織の細胞にシグナルを与える生理活性作用があることがわかりました。

機能性研究成果(エビデンス)

食べても効果が無いと言われていたコラーゲンでしたが、コラーゲンペプチドP-O、O-Gは、カラダのどこにそのペプチドが運ばれるのかを確かめる研究で、骨・関節・皮膚に運ばれていることが確認されました。また、そのペプチドがどこまで届いたのかを調べると、「細胞レベル」まで届けられることが明らかになったのです。人間においても同じように、血中に溶け込んだペプチドは、血流にのってカラダの各部位の細胞まで運ばれていくのではないかと推測されます。

ペプチド(PO、OG)をたくさん、バランスよく取り込める おススメのコラーゲン食品

ニッタバイオラボ 【コラゲネイド】

無味無臭、溶けやすい顆粒タイプ。原料はコラーゲン100%の完全無添加なので糖分も脂肪分もゼロです!


ニッタバイオラボ【BMペプチド5000】

1日1本、カラダ力を変える、進化したコラーゲンゼリー。BMペプチド5000に配合されている「コラペプ(R)」は、美容と健康を促進するコラーゲンペプチドです。特許を取得した独自のコラーゲン分解技術で、特別な2つの「ペプチド」(P-O、O-G)をたくさん、バランスよくカラダに届けることができます。


バランスコラーゲン「グリーンスムージー」

コラーゲンペプチド2,500mgと、16種類の野菜と果実で「グリーンチャージ」
不足しがちな栄養素を不足分だけ「バランスチャージ」特許取得済みのコラーゲンペプチドを「しなやかチャージ」できます。


運動後のジョイントメンテ&リカバリーケアドリンク【ランショット】

トレーニング後のランショットがダメージをクリア!
ハードなトレーニングでさらなる高みを目指すあなたに“ケアドリンク”です。
アスリートに最適なジョイントメンテ成分「コラーゲンペプチド」、さらにリカバリーのための「クエン酸」「BCAA」を配合し、摂りやすいパウチドリンクタイプで新登場。トレーニング後に飲む一本のランショットが、翌日もタフに動けるカラダづくりをサポートします。


【ニッタバイオラボ】健ドッグ

犬の健康長寿に!健康維持により、関節の曲げ伸ばしや、美しい毛並みの維持をサポートします。

コラーゲンは、カラダをつくる重要なたんぱく質で、肌はもちろん、関節・軟骨や骨、血管などに多く存在するのはヒトもワンちゃんも同じです。犬はヒトより動物性たんぱく質を多く摂取する必要があり、1日の摂取量(体重当たり)はヒトの4倍必要です。特にシニア期に入る7歳ごろからは代謝が衰え始めるといわれてていますので、体を調整する成分を含むコラーゲンペプチドは、積極的に摂ることをおススメします!

乾燥肌・エイジングケアにおススメの美容成分

プロテオクリカン
セラミド ライスパワー
 ヒト幹細胞 コラーゲン
ヒアルロン酸  プラセンタ
ビタミンC アミノ酸

facebook twitter pintent twitter

ピックアップ記事

セレブスタイルジャパン・マーケット

D&Dカトラリー

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

セレブ愛用アクセサリー【ハートブレイカー】

ページ上部へ戻る