アジア人初の歴史的快挙!YOSHIKI米・2大殿堂を完全制覇

道行く人に尋ねられたある有名音楽家はこう答えた。「練習あるのみ。」

「Nothing is impossible」—不可能なことなどないと己を信じ、努力を続けてきたYOSHIKIにとって特別な場所であったニューヨーク・カーネギーホール。遂にその地で1月12日、13日の2日間『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL feat.Tokyo Philharmonic Orchestra』は開催された。
大阪、東京、香港を巡り、今回のYOSHIKIクラシカルワールドツアー計4都市7公演の集大成となった本公演。2014年、X JAPANとしてロックの殿堂マディソン・スクエア・ガーデン公演を成功させ、今回ソロで臨んだクラシックの殿堂・カーネギーホール。これでYOSHIKIは、米・ロックとクラシックの2大殿堂制覇という、ビートルズやローリングストーンズ、スティング、デヴィッド・ボウイと世界の名だたるアーティストしか成しえない偉業を達成した。勿論、アジア人初のアーティストとなった。

現地大使館関係者や在住著名人をはじめ世界各国から来場したVIPやメディアで賑わいを見せた会場は、世界の中心ニューヨークに相応しい華やかさで、この歴史的瞬間を見届けようと駆け付けた観客は2日間で5,600人、全席ソールドアウト。また日本では、WOWOW初のカーネギーホール生中継を実施。そして日本国内63館の映画館と、香港、台湾ではライブビューイングも開催。(*15日(日)18時と16日(月)19時より全国映画館にてディレイ放送も開催)こちらも公演会場さながらの盛り上がりで、感極まり涙する観客の姿も多く見られるほど。海を越えて飛び火したニューヨークの熱とYOSHIKIが音に込めた想いは、現地に駆け付ける事ができなかった各地のファンの心にも確実に届いた事だろう。日本人として過去に例がないという2日間連続で行われたカーネギーホール公演は、大成功のうちに幕を閉じた。

カーネギー初公演となる総勢47名の東京フィルハーモニー交響楽団と共に奏でる、奇跡のような演奏。
オーケストラバージョンにアレンジされたベートーベンの「Moonlight Sonata」や、アメリカ国歌をピアノでサプライズ披露するなど、カーネギーホールならではの贅沢な演出に加え、「Forever Love」や「Kurenai」「Art of Life」などのX JAPANの代表曲。ゲストボーカリストを迎えた「Hero」やオペラシンガーを迎えての「Miracle」では会場のあちらこちらで感嘆の声が漏れ聞こえ、現地の耳の肥えたクラシック通さえも唸るほどの素晴らしさ。最後はミラーボールで美しく彩られたカーネギーホールに響く「Endless Rain」の大合唱で幕は閉じ、スタンディングオベーションは約10分間に渡り止む事なく続いた。

「HIDE、TAIJI、そして自身の父親に捧げる」と、これまで毎回演奏されてきた「Without you」。この日演奏中のYOSHIKIの目から大粒の涙がこぼれた。これまでの自分の人生が走馬灯のように頭を駆け巡り、思わず流れ落ちた涙だったという。自身が幼い頃から影響を受けてきたというあのチャイコフスキーが、こけら落とし公演を行ったという由緒正しい歴史ある場所。その昔父親に買い与えられたピアノがきっかけでクラシックにのめり込み、そこから遂にこの舞台を成功させるところまでやってきた。それは、YOSHIKI自身そしてHIDE、TAIJIが夢見てきた“外への扉”を一つ一つ着実に開き、また一歩確実に世界に近付いたという事に他ならない。「僕のルーツを感じてもらえるようなコンサートになると思う。」ツアー前に語っていたその言葉の通り、YOSHIKIという人間の生き様が全身全霊で体現された2日間であった。

公演終了後にはカーネギーホール側から「また、ここに戻って来て欲しい!」とのラブコールに続き、世界中のコンサートホールから公演オファーが続々とYOSHIKIの元に届いている。歴史的な偉業を成し遂げ、一つの終着点に辿り着いたかのように思える。だが彼にとってそれはまだまだ夢の通り道に過ぎない。次に向かうのは3月4日 英・ロックの殿堂ウェンブリーアリーナ。X JAPANメンバーと共に更なる高みを目指す。記念すべき大ニュースで幕を開けた2017年。全力で突っ走るYOSHIKIの勢いはとどまることを知らない。

YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL feat.Tokyo Philharmonic Orchestra
January 12th & 13th, 2017 Carnegie Hall

1st Set
1 I’ll BE Your Love [Theme for the World Expo Japan]
2 The Last Song feat.KATIE FITZGERALD
3 Forever Love [Theme for the animation film X]
4 Golden Globe Theme
5 Hero feat.KATIE FITZGERALD[Theme for the animation film Saint Seiya]
6 La Venus[Theme for the film We Are X]
7 Moonlight Sonata
8 Anniversary[Theme for the Emperor of Japan 10 Year Anniversary]

2nd Set
1 Tears
2 Miracle feat.ASHLEY KNIGHT
3 Star Spangled Banner
4 River Of The Light feat. ASHLEY KNIGHT
5 Swan Lake
6 Without You
7 Kurenai
8 Transition
9 Art of Life
10 Endless Rain[Theme for the film Zipang]

<ライブビューイング情報>
日時:1月16日(月)19時開演(ディレイ放送)
場所:日本全国の映画館
料金:4200円(税込み)
http://liveviewing.jp/contents/yoshiki2/
YOSHIKI Official Site

『VISUAL SHOCK Blu-ray BOX 1989-1992』2017年1月18日発売

2008年に完全生産限定盤として発売され、現在は入手不可能になっているDVD BOX『VISUAL SHOCK DVD BOX 1989-1992』に、最新テクノロジーによる映像デジタルリマスタリングを行いBlu-ray化した新装版 BOX。1989年3月16日の渋谷公会堂など、メジャー進出前後の貴重な映像から、オフショット、ミュージックビデオ、そしてX時代最後のLIVEとなった1992年1月7日、東京ドームの「破滅に向かって」まで、ソニー・ミュージック在籍時の映像商品をコンプリート。YOSHIKI、TOSHI、PATA、HIDE、TAIJIの5人よる活動の軌跡を高画質で体感できる永久保存決定版です。

【完全生産限定盤】BOXセット、Blu-ray8枚組、別冊ブックレット
※在庫がなくなり次第終了となります。

DISC 1 Blue Blood Tour 爆発寸前GIG (59min)
DISC 2 刺激! VISUAL SHOCK Vol.2 (59min)
DISC 3 VISUAL SHOCK Vol.2,5 CELEBRATION (29min)
DISC 4 VISUAL SHOCK Vol.3 刺激2 -夢の中にだけ生きて- (57min)
DISC 5 VISUAL SHOCK Vol.3,5 Say Anything X BALLAD COLLECTION (29min)
DISC 6 VISUAL SHOCK Vol.4 破滅に向かって 1992.1.7 TOKYO DOME LIVE (181min)
DISC 7 X CLIPS (57min)
DISC 8 X FILM GIG ~血と薔薇にまみれて~ (86min)(BONUS DISC)

『VISUAL SHOCK Blu-ray BOX 1989-1992』2017年1月18日発売

『WE ARE X』 U-NEXT 今なら31日間無料トライアル実施中!

 

特集記事


初回限定特典・お得なコスメ一覧へ

商品レビュー

スタッフがお試し!商品レビュー

紫外線対策

紫外線対対策におススメのスキンケア

ダイエット

体脂肪・内脂肪・セルライト対策

美顔器特集

エイジングケアのマストアイテム★おススメ美顔器

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線

ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策

毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア

繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

免疫力UP

免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ

話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集

男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館

話題の美術館・博物館特集

facebook twitter pintent twitter

ピックアップ記事

  1. ナチュラグラッセトライアルセット
  2. NMN

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る