【アイキララⅡ】目の下のクマ・クスミを本気で改善するアイクリーム

「目の周りのクマ」に【アイキララⅡ】アイクリーム

女性の8割が「目の周りのクマ」に悩んでいるという調査結果あり!

加齢により目の下の皮膚が痩せて薄くなることで起こる「目の下のクマ」
皮膚が痩せると、
・内側の血液や筋肉が透けて見えやすくなりクマが出来てしまう
・老廃物がたまった結果、前に出てしまいたるみが発生する
など様々な症状が現れてきます。

「目の下のクマ」は、大きく3タイプに分かれます。

この3つのタイプが混合している場合もあります。
血行不良も大きな原因の一つですが、目の周りの皮膚は非常に薄く、強くこすってしまうと色素沈着やたるみの原因になりかねないため、マッサージはNG。スキンケアでの対策がおススメです。皮膚痩せを補うために必要な成分といえば「コラーゲン」ですが、コラーゲンを外側から塗るだけの、言わば”その場しのぎ”の対策では効果がありません。

それぞれタイプ別に改善するための有効成分が異なりますが、どのタイプの方でも、老けて見られる原因「目の下のクマ」を改善するスキンケア商品があります。

累計250万本突破の【アイキララ】が、バージョンUP!

目の下のケアをしている方々が選ぶランキングで5冠を達成した 『アイキララ』がなんと! 新成分を配合し『アイキララII』にパワーアップしました。

『アイキララII』パワーアップの要因

1.MGAブースター(ココイル加水分解コラーゲンK)の配合

MGAブースター(ココイル加水分解コラーゲンK)は アイキララから配合されております 目の下のたるみにアプローチする上で必要な成分 MGA(ビタミンC誘導体)の働きをUPさせてくれます。 実際にMGAとMGAブースターを 同時に配合することにより たるみ改善に効果があるコラーゲンの産生量が 129%にUPしたという試験結果があります。

2.レチノール誘導体の配合

レチノールという成分をご存知でしょうか? レチノールは若返りの泉とも称される、 エイジングケア成分の代表格です。 もしかしたら美容感度が高い方々は 聞いたことがあるかもしれませんが レチノールは厚生労働省から シワ・たるみの改善効果が 認められている成分です。 そんなこともあり、 専門家など多くの方々からも注目をされ、 有名美容媒体でもレチノール化粧品で 多々特集が組まれるほど、 知名度が高く人気の成分です。
多くの目元の、根本的な原因を解消させる事が可能なので、お悩みのそもそもの原因を解消する事ができる商品です。

朝晩の2回、化粧水の後にワンプッシュの簡単ケア。着色料、保存料、防腐剤は一切使用していません。
約1ヶ月分で、本体価格2980円と、続けやすいお値段となっています。また、使用後に効果を感じられない場合は返金保証制度も設けています。

 

目元のたるみ・シワ・クマにおススメのアイケア商品はこちら

目元・口元のたるみ、くすみにおすすめの集中ケアコスメ
【マジックフェイシャル】トライアルセット【POLA B.A ザ アイクリーム】
『オデコディープパッチ』刺すプロテオグリカン「ハーリス モイストパッチ」
資生堂【ビオパフォーマンス
セカンドスキン】
ヒアロディープパッチ
気になる目元に!「ハーリス アイセラム」Wエフェクト アイクリーム
ほうれい線用【ニードルパッチ】美容液コンシーラー『アイプリン』
目もと集中【ホワイトニングアイクリーム】定期便【アイ エクストラ セラム セット】
目もと集中【ホワイトニングアイクリーム】単品【EYEXIAアイクリーム】


【マキアレイベル】ローラー美容液目元の悩みに『アイキララⅡ』

特集記事


初回限定特典・お得なコスメ一覧へ

商品レビュー

スタッフがお試し!商品レビュー

紫外線対策

紫外線対対策におススメのスキンケア

ダイエット

体脂肪・内脂肪・セルライト対策

美顔器特集

エイジングケアのマストアイテム★おススメ美顔器

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線

ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策

毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア

繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

免疫力UP

免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ

話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集

男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館

話題の美術館・博物館特集

facebook twitter pintent twitter

ピックアップ記事

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る