その肌荒れ、花粉が原因かも!?バリア機能強化で花粉に負けない肌を

新型コロナウイルスの影響で、つい忘れがちな【花粉症】。日本気象庁発表の2020年の花粉飛散量予測によると、東京では例年5月上旬まで飛散が確認されていますが、今年は4月中旬に終了となる見込みです。大阪では、今年は例年より早めの4月上旬には、ほぼ飛散終了となる見込みです。ヒノキ花粉は、東京、大阪とも4月いっぱいは断続的に飛散する見通しのため、引き続き花粉症対策が必要となります。新型コロナウイルスの影響でマスク・うがい・手洗い習慣が出来たため、昨年のどの症状の悪化は感じられない方が多い中、ファンデションをつける機会も少なくなりダイレクトに肌に付着することも。過多な手のアルコール消毒による肌荒れも増えています。

肌の花粉症対策は事前の「バリア機能の強化」が大切!
マスクにより花粉を体内に入れない・触れさせない対策ももちろん必要ですが、花粉症による肌荒れ対策で最も必要なのは、事前に自分自身の肌が花粉の影響を受けにくい状態にしておくことです!そのために必要なことは「肌のバリア機能を強化すること」。バリア機能が高くキメの整った肌は花粉等の外部刺激の影響を受けにくくなります。冬は乾燥によって年間で最もバリア機能が乱れがちな季節です。肌のターンオーバーには約1ヶ月間かかるため、花粉が本格化する今こそ事前のスキンケアでバリア機能を強化しておかなくてはなりません。

いま話題の次世代美容成分【ヒト幹細胞培養液】でバリア機能強化&外部刺激ブロック

 

【ヒト幹細胞培養液】人気・おススメのスキンケアはこちら


年齢肌の悩みを”美の輝き”へ。 高濃度ヒト幹細胞培養液エッセンス配合
ReBion ビューティファンクション

~新素材バブルビタミンを高濃度に配合~
美容業界でも噂になっているバブルビタミン。独自の原料を高濃度に配合することで手のひらで微細な泡が発生します。この微細なバブルが表層へ浸透(※)し肌悩みを健やかに、より明るい肌へと導きます。 (※)角層まで

● 厳選した5つのヒアルロン酸の高保湿
1,ヒアルロン酸Na…保湿成分の代表格と言われるヒアルロン酸
2,アセチルヒアルロン酸Na…別名”スーパーヒアルロン酸”が長時間にわたって肌の潤いをキープ
3,加水分解ヒアルロン酸…低分子構造のヒアルロン酸で肌の内側で保湿効果を発揮
4,カルボキシメチルヒアルロン酸Na…従来のヒアルロン酸と比べて3倍の水分保持力と2倍の水和力(水分と結合する作用)を持っている超保湿成分
5,ヒアルロン酸クロスポリマーNa…わずか1gで6Lもの水分を抱えられるヒアルロン酸

お求めはこちら


人気・話題のヒト幹細胞培養液美容液
【メルシアラムール】高濃度ヒト幹細胞培養液配合【ReBion ビューティファンクション】
ハリッチプレミアムリッチプラスノーベル賞受賞成分配合!【Re:selection】
ヒト幹細胞BBクリーム「direiaTO BBクリーム」夜に1滴のヒト幹細胞コスメ - DEAGAIA
ヒト幹培養液20%配合 FLOSCAステムエッセンス話題の育毛成分ヒト幹細胞配合【ザスカルプ5.0c】
【リンクルスポットマスク】ハニプラ美容液

新規会員登録

facebook twitter pintent twitter

 
商品レビュー

ピックアップ記事

セレブスタイルジャパン・マーケット

D&Dカトラリー

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

セレブ愛用アクセサリー【ハートブレイカー】

ページ上部へ戻る