「デリケートゾーンに関する調査」女性の約80%はデリケートゾーンのケアをしていない!?

デリケートゾーンに関する調査

「デリケートゾーンに関する調査」女性の約80%はデリケートゾーンのケアをしていない!?

デリケートゾーンの悩み1位「生理のときの不快感」 2位「ムレやすい」 3位「におい」。「デリケートゾーンのケアをしたことがありますか?」の質問には「現在している」と回答した割合は21.5%でした。ケアのポイントとおすすめのケア商品を紹介します。

女性1000人を対象にした調査の結果

デリケートゾーンの気になること

女性1000人を対象にした調査の結果、デリケートゾーンの気になることは、1位「生理のときの不快感」、2位「ムレやすい」、3位「におい」が上位を占めました。夏

7割以上の女性が“デリケートゾーンが気になることがある”

「デリケートゾーンのケアをしたことがありますか?」と質問すると、全回答者のうち、「現在している」と回答した割合は21.5%、「していたがやめた」と答えた割合は20.1%で、「したことがない」と回答した人が最も多く、58.4%を占めました。

デリケートゾーンのケアをしたことがある人の割合

デリケートゾーンについて「とても気になる」と回答した人では41.5%が「現在している」と回答したものの、23.2%が「していたがやめた」と回答しており、35.3%は「したことがない」ことが分かりました。

また、「やや気になる」人では、「現在している」と答えたのは19.7%で、「していたがやめた」人は23.0%、さらに57.3%が「したことがない」と答えました。デリケートゾーンが「とても気になる」と回答していても、現在ケアしていない人が58.5%で、「やや気になる」と回答した人では、80.3%の人がケアをしていないことが判明しました。

デリケートゾーンのケアに興味がある人の割合

デリケートゾーンのケアに興味が「ある」「少しある」と答えた人に、「デリケートゾーンのケアをしたことがない理由は何ですか。」と尋ね複数選択で回答してもらったところ、「ケアの方法が分からない」と答えた人が最も多く、73.7%を占めました。続いて、「お金がかかる」が41.7%、「どの専用化粧品を選べばいいか分からない」が30.0%、「相談できる人がいない」が21.4%でした。

ケアの知識や情報、相談相手が十分でないことが、ケアをしない大きな理由になっていることが分かりました。

デリケートゾーンのケア


デリケートゾーンのケアを「現在している」「していたがやめた」と回答した人に、「デリケートゾーンについて、どんなケアをしていますか、またはしていましたか。」と複数選択で尋ねると、半数以上が「アンダーヘアのケア」を挙げ、また半数近くが「おりものシートや生理ナプキンをこまめに替える」と回答しました。

また、「入浴時にボディソープで意識して洗う」人が33.7%、「専用ウォッシュを使用」している人が26.6%いました。一方、「お風呂上りに保湿」「専用クリームを使用」「専用オイルを使用」など、保湿関連の項目を挙げる人は、他の項目と比較し、少ないことが分かりました。

調査機関:カエタステクノロジー株式会社
インターネット調査/調査期間:2022年3月18日(金)~3月22日(火)/回答者20~49歳の女性1041名)

◆イーク表参道副院長 産婦人科医師・スポーツドクター・ヨガ指導者 高尾美穂 先生

「セルフケアを通して自分のからだを知り、理解することが重要です」
デリケートゾーンは機械的刺激に強い一般的な皮膚、つまり「扁平上皮」の部分と、ツルっとしていて傷つきやすい「粘膜」の部分という2つに分けて考える必要があります。扁平上皮はショーツがあたる部分、腟の内側に代表されるような、つるつるした部分が粘膜です。また外陰部のうち皮膚の部分は、手の甲や腕とくらべて何が違うのかといえば、くぼんだり、出っぱったりも、人それぞれで、そして凹凸があるからこそ手入れが行き届きにくく、さらに直接目で確認することができない部位のため、他の部位を洗うよりも断然難しい場所です。そこを分けて考える必要があります。

粘膜部分のうち、腟内に関しては自浄作用があると考えられており、ある程度の菌のバランスで成り立っていて、2・3日経つと、元通りに戻り、あとは生理の際に外へ排出されることで洗い流されます。
一方で、扁平上皮の部分は、顔やからだと同じで乾燥が起こりやすい場所です。乾燥が原因で、かゆみを引き起こすこともあります。乾燥が原因のかゆみであれば、保湿することにより乾燥が改善して、結果的にかゆみを改善させることができます。

また、ほかの皮膚の部位と同様に摩擦によって、肌荒れが起こることがあります。外陰部は、歩く、立つ、などの日常的な動作でもショーツによって擦られる部位であり、摩擦によるトラブルも起こり得ます。ですから、一般的な皮膚の部分に対処する方法を、外陰部の皮膚の部分にも行っていただければよい、とお考えください。

ただ、体に触れるものからは、どんな部位でも経皮吸収します。だから、いい成分、安心できる成分であることが望ましいですね。自分なりに、安心できると思えるものを選ぶことが大切です。デリケートゾーンのケアでも、自分なりにちゃんと自分の体のことは知って、セルフケアすることで理解することが重要です。

デリケートゾーンのセルフケアコスメ

デリケートゾーンケアのポイント

・膣内を弱酸性に保つ

実は膣の中は弱酸性に保たれていて、ボディーソープ等でケアをしてしまうと膣本来が持っている自浄作用が弱 まり、清潔に保つことが難しくなってしまいます。 なので、しっかりと膣内を弱酸性に保つ必要があります。

・膣内フローラを整える

腸内フローラという言葉があるように、実は膣内にも多種多様な菌が存在しています。 実はこのフローラのバランスが崩れてしまうと肌の乾燥や、くすみが発生しやすくなると言われています!なの で、しっかりとインティメイトケアの成分でフローラバランスを補う必要があります。

薬用イビサ

デリケートゾーン専用ソープ。アミノ酸系洗浄成分配合で汗やムレによるニオイもしっかりケア。 デリケートゾーンのニオイの原因を洗い流します。
デリケートゾーンの美白ケアクリーム。黒ずみや肌荒れしたアンダーをスベスベに導きます。

薬用イビサソープ
薬用イビサソープ

薬用イビサクリーム
薬用イビサクリーム

laugh.(ラフドット)

インティメイトケア「低刺激処方」「弱酸性処方」「10種のフリー項目」の安心安全処方
女性の身体に寄り添い、安心・安全を考えたデリケートゾーン用ソープ
高い保湿力で乾燥を防ぎ、くすみの原因にアプローチするデリケートゾーン用クリーム


インティメイトウォッシュ
インティメイトクリーム

LC ラブコスメ

臭いの元となる汚れも泡パックでスッキリ】デリケートゾーンのケアにおすすめのジャムウ石鹸。臭いの元となる汚れや古い角質をキレイに洗い流し、健やかな日々を応援します。デリケートゾーン・乳首(バストトップ)・わき・ひじ・ひざ・足のお手入れ等、顔をふくめ全身にご使用頂けます。

LCジャムウ ハーバルソープLCジャムウ・デリケートパックLCジャムウ・デリケートパック

特集記事

公式サイト 初回限定お試しセット
お得な公式サイト初回限定お試し一覧へ
商品レビュー
スタッフがお試し!商品レビュー

乾燥肌・敏感肌
乾燥肌・敏感肌対策とスキンケア

目元のクマ・シワ対策とスキンケア
目元のクマ・シワ対策とスキンケア

ほうれい線
ほうれい線・ブルドックライン対策とスキンケア

毛穴・角質対策
毛穴の開き・黒ずみ・角質ケア対策とスキンケア

ニキビケア
繰り返す大人ニキビ対策とスキンケア

シミ・UVケア
シミ・美白・紫外線対対策におススメのスキンケア

ヘアケア お悩み

枝毛・くせ毛・頭皮ケアにおすすめのヘアケア

ダイエット
体脂肪・内脂肪・セルライト対策

免疫力UP
免疫力UPは腸内環境の改善が7割!

おうちグルメ
話題の調理家電・レシピ・お取り寄せグルメ

メンズスキンケア特集
男性用スキンケア・ヘアケアおススメ商品

話題の美術館・博物館
話題の美術館・博物館特集

セレブスタイルジャパン・マーケットline
facebookTwitter
pinterestinstagram

セレブスタイルジャパン・マーケット

インテリア

インテリア雑貨

テーブルウェアー

ページ上部へ戻る
Enable Notifications OK No thanks