日本の伝統・江戸切子 BLACKシリーズ(黒切子) ~ギフトにもおススメ~

05_1

日本の伝統・江戸切子シリーズ

国の指定する伝統工芸品『江戸切子』は江戸時代から続く東京下町の伝統工芸品です。 1350度で溶けているガラスを熟練の技で透明と色ガラスの二重構造に仕上げ、巧みの技を持つ江戸切子の職人が一つ一つ丁寧にグラスをカット(削る)していきます。

カットすることにより表面の色ガラスから内側の透明なグラスが見えてきて、透明と色ガラスの素晴しいコントラストが、伝統の文様や花切子のデザインで浮き上がります。

KI01_1

KI01_2

KI01_3

KI01_4

 

【本体価格】
・八角篭目に菊篭目繋ぎ文様 60,000円
・菊繋ぎ文様 50,000円
・矢来玉三筋文様 40,000円
・剣菱星文様 35,000円
【サイズ】直径86mm 高さ96mm 容量300ml 【素材】ソーダ硝子【パッケージ】木箱入

syousai

日本の伝統・江戸切子 BLACKシリーズ
オールド 黒玉市松文様グラス 黒菱鱗重ね文様グラス 黒
ストライプグラス 黒リンググラスmoon

セレブ愛用テーブルウェアー
セレブ愛用、プロ・店舗仕様のテーブルウェアーシリーズは【こちら】

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る