30分の外出なら、エアコンはつけっぱなしの方がお得?

C

ダイキン工業株式会社調が、昨今話題となっている「エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに入り切りするのでは、どちらが安くなるの?」をテーマに検証を行いました。夏場のエアコン利用に関する生活者アンケートを行ったところ、約7割の人が「つけっぱなしの方が電気代が安い」と考えていることがわかりました。しかし、実際に外出時にエアコンのつけっぱなしを実践している人は約5割にとどまり、本当につけっぱなしの方が安いのか疑問を持っている人が多いようです。そこで、調査隊が大阪市内のほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って実際にエアコンを「つけっぱなし」、「こまめに入り切り」で運転し、検証した結果をまとめました。

1.実証実験の概要
<テーマ>エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに入り切りするのでは、どちらの電気代が安くなるの?

①「つけっぱなし」の方が消費電力が小さくなる時間帯を探る!
9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、30分間隔でON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較し、「つけっぱなし」の方が安くなる時間帯を調べました。

②1日の想定生活スケジュールで、「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の消費電力量を比較する!
1日の生活スケジュールを想定して、9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、外出時に運転をOFFにしたエアコンの消費電力量を比較しました。

2.実証実験の結果
①日中9:00~18:00までの時間帯は、30分間であれば、エアコンを切らずに「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなりました。

②想定した1日の生活スケジュールで「つけっぱなし」にして運転すると、外出時に運転をOFFにするよりも1日の消費電力の合計が大きくなりました。(1日の電気代差は約35円)

それでは、具体的にはどうやってエアコンを使用すればよいのでしょうか。

「つけっぱなし」の方が安くなる時間帯を調べた実験①に基づいて、1日を日中(9:00~18:00)・夜(18:00~23:00)の2つの時間帯に分類し、それぞれの消費電力の傾向から、何分までの外出であれば「つけっぱなし」の方が安いのかを計算し、下表にまとめました。

sub1

計算結果から、あくまで今回の実験の条件下ではありますが、以下のことが推察されます。

1. 日中は、35分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。
2. 夜は、18分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。

<検証実験の環境>
●実験場所:大阪府大阪市
●建物構造:鉄筋コンクリート造(14階建て)
●築年月:2006年3月
●部屋の広さ:約14畳
●2階と3階の階違いの同じ間取りの部屋を使用
●使用したエアコンの機種:『うるるとさらら Rシリーズ』 AN40TRP-W 4.0kW(主に14畳用)
●エアコン設定:冷房26℃、風量自動
●実験に使用した部屋の間取り

sub2

▶ ダイキンエアコン【うるさら7】はこちら

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る