特別展『深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~』2017年7月11日より国立科学博物館で開催

深海、そこは宇宙とともに、人類に残された最後のフロンティアだといわれています。2012年、NHKが世界で初めて生きたダイオウイカの撮影に成功し、世紀のスクープ映像と言われました。2016年、ダイオウイカを撮影した取材班が再び結集し、新たな深海シリーズ「ディープ・オーシャン」を2016年から2017年にかけて制作しています。
そしてこの夏、特別展「深海2017」を開催します。本展覧会では「生物発光」や「巨大生物」などに焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介するほか、最新研究からわかってきた「深海と巨大災害」、「深海と資源」などを映像やCGを駆使して紹介します。あのダイオウイカとの遭遇から4年。より“深く”新たな感動をお届けします。

開催情報

会場:国立科学博物館
東京都台東区上野公園7-20
会期:2017/7/11(火)~10/1(日)
休館日:7/18(火)、9/4(月)、9/11(月)、9/19(火)
開催時間:9:00~17:00(金曜日、土曜日は20:00まで、入館は各閉館時刻の30分前まで)
※夏休み特別開館延長 8/13(日)~20日(日)9:00~18:00
ただし、8/18(金)、19(土)は20:00まで(入館は各閉館時刻の30分前まで)
観覧料(税込):前売/一般・大学生 1,400円、小・中・高生 500円
一般発売 一般・大学生1,600円、小・中・高生 600円
チケットぴあ・ローソンチケット・セブンチケット・CNプレイガイド・イープラスにて販売
※前売券販売は7/10まで

【ぴあ購入画面へ】icon
【ローチケ購入画面へ】
icon

プレゼント

本イベントの開催を記念して、特別展「深海2017」入場ペアチケットを5組10名様にプレゼント!

 ▶ 応募詳細はこちら  応募締締め切り 2017年7月09日

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る