ケンダル ジェンナー、メアリー・J.ブライジが2017 COSTUME INSTITUTE GALAに登場

NEW YORK (2017年5月1日): クリエイティブ・ディレクターのジュリア ハートがデザインを手掛けるオートクチュールコレクションのドレスを纏って、ケンダル ジェンナーとメアリー・J.ブライジが2017COSTUME INSUTITUTE GALA (Met Gala 2017)に登場しました。

ケンダル ジェンナーの着用しているガウン
ジェンナーが着用したドレスは、ハンドペイントを施した85,000個のクリスタルを手作業で付けたもの。5都市26人の職人が160時間以上を費やした技術の結晶です。ひとつひとつのクリスタルは、ダイヤモンドからジェットヘマタイトを経てジェットブラックに至るまで、繊細なグラデーションを描くように配置されています。

「川久保玲氏の“Un fabric”のコンセプトから、動きのないように見える素材を使って動きを出した作品からインスピレーションを得ました。そこで私は、1本の糸にクリスタルを付けてシルクのように美しく流れるドレープを生みだし、私の“Un fabric”を作ったのです」-Julia Harrt, La Perla Creative Director

メアリー・J.ブライジが着用しているガウン
川久保玲氏の”un Fabric”のコンセプトからインスパイア。クリエイティブ・ディレクターのジュリア・ハートがてがけた手彫りのラテックスレースはメアリー・J.ブライジの為に用意された魅力的なコラムガウン。最初はラペルラのブラを内蔵したコルセットジャケットからフィーチャー、ブラックストレッチチュールは手彫りのラテックスレースとコルセットの骨組みをアクセントにあしらっています。

「私はこのパーティーにメアリー・J.ブライジと共に参加ができてとても光栄です。彼女の強さと女性らしさはまさにこのガウンのインスパイアそのもの。タフで女性らしく、そして強さとセクシーさを兼ねそろえています。」-Julia Harrt, La Perla Creative Director

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る