「ベルサイユのばら」45周年記念―6月~7月 「ベルサイユのばら」特集

CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:寺嶋博礼)では、「ベルサイユのばら」誕生45周年を記念して「ベルサイユのばら」特集と題し、CS他チャンネルに先駆け6月~7月の2カ月に渡り、「ベルサイユのばら」の関連アニメ・舞台・映画を放送。

「ベルサイユのばら」は、1972年から1973年まで「週刊マーガレット」(集英社)で連載された、漫画家・池田理代子さんの代表作。革命期のフランスを舞台に悲劇の王妃マリー・アントワネットや男装の麗人オスカル・フランソワらの運命を描いた「ベルサイユのばら」は、日本の少女マンガ史上に燦然と輝く不朽の名作。宝塚歌劇での舞台化をはじめ、今なおブームを巻き起こしています。2017年は「ベルサイユのばら」45周年、作者の池田理代子さんの作家生活50周年を迎える、まさにメモリアルイヤーです。

特集放送作品

◆アニメ「ベルサイユのばら」
原作の傑作コミックを見事にTVアニメ化した不朽の名作
16世紀のフランス。ジャルジェ将軍の娘として生まれたオスカル・フランソワは、武門の家を継ぐため男として育てられ、長じて王妃マリー・アントワネット付きの近衛隊長に任ぜられる。スウェーデンの青年貴族フェルゼンと出会ったマリーは激しい恋に陥るが、オスカルもまたフェルゼンにほのかな想いを寄せていた。フランス革命へ向けて揺れ動きはじめた時代の中、オスカルとともに育ったアンドレは、自らの想いを隠して彼女を見守るが……。
●声の出演:オスカル:田島令子、アンドレ:志垣太郎、マリー=アントワネット:上田みゆき、フェルゼン:野沢那智、堀勝之祐、ロザリー:吉田理保子他
©池田理代子プロダクション・TMS

◆舞台「ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編―」(2006年星組・宝塚大劇場)
愛 それは甘く、愛 それは強く・・・。マリー・アントワネット生誕250周年を記念して2006年に上演。フェルゼンとアントワネットの恋を中心に、2人の出会いからアントワネットの処刑までを描く。
●主な出演者:フェルゼン/湖月わたる、マリー・アントワネット/白羽ゆり、オスカル/朝海ひかる
池田理代子原作「ベルサイユのばら」より ©宝塚歌劇団  ©宝塚クリエイティブアーツ

◆舞台「ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編―」(2013年月組・宝塚大劇場)
宝塚歌劇が誇る永遠の名作―
1974年の初演より、幾たびも上演を重ねてきた宝塚歌劇の財産とも言うべき作品を、宝塚歌劇100周年へ向けて再演。18世紀のフランスを舞台に、将軍家に生まれ、軍人として邁進する男装の麗人オスカルと、彼女を陰ながら支えるアンドレの二人にスポットを当て、革命の動乱を駆け抜けたその青春と愛をドラマティックに描く。
●主な出演者:オスカル/龍真咲・ロザリー/愛希れいか・アンドレ/明日海りお
池田理代子原作「ベルサイユのばら」より ©宝塚歌劇団  ©宝塚クリエイティブアーツ

◆映画『マリー・アントワネット』
“恋をした、朝まで遊んだ、全世界にみつめられながら。”数奇な運命に翻弄された『マリー・アントワネット』。あどけない少女から王妃へと変貌する心の軌跡を才女ソフィア・コッポラが描く。

監督/脚本:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン
アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル 他
©2005 I Want Candy LLC.

 

おススメのアンティークデザイン・インテリア
010203
フランス製テーブルウェアーAPPOLIA【詳細はこちら】おしゃれなテーブル・シャンデリア 1灯(L)【詳細はこちら】おしゃれでPOPなシャンデリア クリアーカラー8灯【詳細はこちら】
040506
アンティーク調 スタンドミラーロココ【詳細はこちら】アンティーク調 ウォールデコ ミラー【詳細はこちら】【おしゃれ収納シリーズ】ローズデザイン アイアン・コートハンガーラック【詳細はこちら】
070809
【ティータイム】ガラス&メタル製 ケーキドーム(脚付)【詳細はこちら】【GARNIER THIEBAUT】ルネッサンス サーブル テーブルクロス【詳細はこちら】D&Dイタリア製カトラリー【詳細はこちら】

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る