福士蒼汰、死神を代行、映画『BLEACH』初の映像素材、超特報解禁

福士蒼汰、死神を代行!
佐藤信介監督との最強タッグで『BLEACH』待望の実写映画化
企画発表以来、一切明かされなかったバトルアクション超大作プロジェクト、遂に始動

「週刊少年ジャンプ」で2001年から連載を開始し、瞬く間に国民的人気コミックへと上り詰め、既刊74巻でシリーズ累計発行部数9,000万部と圧倒的人気を誇る「BLEACH」。全686話から構成される壮大な叙事詩は、海を越え海外のファンをも魅了。そしてこの度、満を持して映画化する『BLEACH』の初映像となる超特報が解禁となった。

本作は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(くろさきいちご)が、ある日突然現れた死神・朽木(くちき)ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。
主人公・黒崎一護を演じるのは数々のヒット作に主演して、『無限の住人』では見事な身のこなしで激しい斬り合いをこなし新境地を切り開いた福士蒼汰。メガホンを取るのは、『GANTZ』や『アイアムアヒーロー』で日本映画の新時代を切り開いてきた佐藤信介監督。ド迫力のアクションと、『GANTZ』をはじめ数々の作品を手掛けた日本最高峰のCGチームにより作られる壮大でリアルな世界観のもと、どんな『BLEACH』が誕生するのか、話題となっています。

今回解禁の超特報では、一護がごくごく普通の住宅街に一人立ち、死神だけが使うことができる刀“斬魄刀(ざんぱくとう)”によって一振りで虚〈ホロウ〉と呼ばれる悪霊の腕をたたき切る場面が映し出されています!虚〈ホロウ〉の腕は切り落とされて炎に包まれているが、この腕ひとつの大きさからも、一護が立ち向かう悪霊の巨大さが分かります。絶賛CG作業中のためまだ全容は見えないが、一体、佐藤監督はどんな虚〈ホロウ〉を生み出すのでしょうか。

原作では、仲間や家族を守るため、斬魂刀(ざんぱくとう)で、虚<ホロウ>と激しい戦いを繰り広げるシーンが満載となっており、アクションとCGで作り上げられる本作の今後の続報にもますます期待がかかります。

主演の一護役・福士は、初お披露目になった、原作ファンおなじみの斬魄刀(ざんぱくとう)でのアクションについて「一護の斬魄刀はどデカイ刀なので、日々振り回してまずは慣れることを考えました。斬魄刀での攻防は予想以上に大変でしたが、見応えのあるアクションになっていると思います。」とコメント。併せて解禁になった虚〈ホロウ〉の腕について佐藤監督は、「CGや持てる技術全てを使い、1カット1カットこだわり抜いて作っています。今はまだ腕だけしか見てもらえませんが、空前絶後の大アクションと相まって今まで見たことのない映画になると思います。」と福士やまだ明かされていないその他主要キャスト、そして日本最高峰のCGチームとともに作り上げる世界に自信をのぞかせました。最新鋭のCGを駆使して壮大なスケールで描かれるバトルアクション大作『BLEACH』。2018年夏の公開まで引き続きご注目下さい。

【コメント】
福士蒼汰
一護の斬魄刀はどデカイ刀なので、日々振り回してまずは慣れることを考えました。斬魄刀での攻防は予想以上に大変でしたが、見応えのあるアクションになっていると思います。監督とCGチームが作り上げる虚が、映画のスケールをさらに大きくしてくれると思います。一護と虚の対決、魅力的なキャラクター達の登場を楽しみにしていてください。

佐藤信介監督
虚は、普通の住宅街に忽然と姿を現す感じをリアルに描くために、CGや持てる技術全てを使い、1カット1カットこだわり抜いて作っています。今はまだ腕だけしか見てもらえませんが、空前絶後の大アクションと相まって今まで見たことのない映画になると思います。来年の夏を楽しみにしていてください。

公開日:2018年夏
監督:佐藤信介 出演:福士蒼汰(黒崎一護役)配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:bleach-movie.jp
公式Twitter:@bleach_moviejp #映画ブリーチ
コピーライト表記:©久保帯人/集英社 ©2018映画「BLEACH」製作委員会

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る