ソフィア・コッポラ「The Beguiled」 がカンヌ監督賞&名誉賞受賞

第70回を迎えたカンヌ国際映画祭の各賞の授賞式が5月28日(日)午後7:15からLUMIEREで行われた。コンペティション部門は、アメリカからトッド・ヘインズ、ノア・バームバック、アジアは、常連の河瀬直美の『光』の他に、ホン・サンスとポン・ジュノ、フランス勢はもっとも多く、アザナビシウスに加えジャック・ドワイヨン、フランソワ・オゾン、ロバン・カンピロの4名、ミヒャエル・ハネケ、ヨルゴス・ランティモス、ファティ・アキンら、と珠玉の18監督の作品が出品された。

この強豪たちを見事に制し、ソフィア・コッポラ監督の「The Beguiled」(配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES・今冬日本公開予定)がカンヌ映画祭の監督賞に、第70回記念名誉賞をニコール・キッドマンが受賞。『マリー・アントワネット』でコンペに出品し無冠で敗れて以来、11年の歳月が流れ、今回屈辱を晴らしました。

本作は1966年にトーマス・P・カリナンが発表した同名小説「The Beguiled」を基にしており、過去にドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演で邦題『白い肌の異常な夜』として1971年に映画化。本作の舞台は南北戦争期、ヴァージニアの男子禁制の女学園。負傷していた北軍兵士を見つけ、治療すべく学園内にいれたことから、女たちは性に過敏になり、競争心が生まれ、驚くべき事態へと展開していく。

これまでの作品では『マリー・アントワネット』などに見られる「女性の可愛さ」が象徴的に描かれていたが、本作では一転して「女性のダークさ」を垣間見ることができる。キャストは兵士役にコリン・ファレル、そして女性陣はニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニングと豪華で過去にソフィアの監督作にも出演した面々も揃い、自身の集大成作品とも見られる。

カンヌ映画祭会期中のインタビューでソフィア・コッポラは「本作はシーゲル監督の作品と同じ物語を下敷きにしているけど、新たな解釈であって、リメイクではないの。女性の登場人物の視点から描いた作品よ」と本作のオリジナリティを説いた。また、主要キャラクターである校長を演じたニコール・キッドマンは「本作を監督するのは女性でなければならないと思うわ。女性の本質から作り出される物語なの。」と語っている。

©KAZUKO WAKAYAMA
©2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る