植松晃士がクリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーをファッション・チェック!

ウディ・アレン監督最新作「カフェ・ソサエティ」(5月5日(金・祝)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開)が公開されることを記念し、ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、本作のWヒロイン、クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーの劇中衣裳のファッションチェックを実施!その内容が掲載されたコメントフライヤーが4月13日(木)より全国の劇場にて配布されることが決定。この度、ファッションチェックの一部を特別デザインにて解禁!

植松晃士のファッションチェック!!

「ヒロインの“ふたりのヴェロニカ”が見所よ!すべての女性の中に、違ったタイプのふたりのヴェロニカが共存している気がするわ。」

シャネルのドレスを纏ったヴェロニカ→(クリステン・スチュワート)
「当時のハリウッド女優はフランスのファッションに憧れを持った時代だったの。デコルテが大胆に開いているのに品が良いのは、カットや曲線のおかげ。シャネルのエレガンスが出ているわね。

パーティシーンの“もうひとり”のヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)
「1930年代を象徴するアクセサリーづかい、フェザーのヘッドドレス!羽やジュエリーで女性らしさを盛っていて、この時代っぽいわ。」

カンヌ国際映画祭でのレッドカーペット(4人のショット)
「私もカンヌ映画祭に行ったことがあるけど、日中のレッドカーペットのイメージ。クリステンの透け感のあるロングスリーブは最近のトレンドで、太陽の降り注ぐレッドカーペットではこのようなクラシカルな雰囲気のドレスも素敵ね。ブレイクは金髪をユル巻きにして、シャープなドレスにマッチしているわ。」

ヴェロニカのカチューシャ(クリステン・スチュワート)
「コットンのブラウスにお袖のディティールは、リボンで肌見せ!女性らしいきちんと感があるわね。お嬢さんたち、攻めの時はおリボンよ。女性にとってのおリボンはパワーアイテムよ。“攻めの時はおリボン効果”で!大人のリボンづかいには、年齢制限はありません。え?リボンの数はいくつがいいか?それは、人それぞれだもの。数は定められません。“お顔に相談あれ(笑)」

▶『カフェ・ソサエティ』作品紹介はこちら

© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

関連商品

セレブスタイル★総花柄・ノースリープ フレアーワンピース

syousai

 

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る