劇場版 マジンガーZ(仮題)の映画化が決定

全世界注目のプロジェクト始動!
“元祖”にして“伝説”のスーパーロボットアニメ「マジンガーZ」が映画館で45年ぶりに超復活!!

1970年代一世を風靡した巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画化で超復活!
マジンガーZとは70年代にテレビ放送された最高視聴率30%を超える大ヒットアニメ。合体・乗り込み型ロボットアニメの元祖として多くの男の子に夢と希望を与えた。その後もヨーロッパ、中南米など世界中で放送され、各国のSFロボットアクションに影響を与え、いまだに熱狂的なファンがいるという日本のアニメ文化を代表する作品。そのスーパーロボット マジンガーZが45年ぶりにスクリーンで復活する(制作:東映アニメーション 配給:東映)。新たなるマジンガーがどのような姿形、内容で復活するかはまだわかっていないが、全世界注目のプロジェクトであることは間違いない。

☆マジンガーZとは?
「マジンガーZ」は1972年に漫画家・永井豪によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画作品。搭乗型巨大ロボットの祖となる作品で、多彩な武器と圧倒的な強さを誇る 「マジンガーZ」の迫力と存在感、主人公「兜甲児」をはじめとする個性的なキャラクターなど、永井豪の魅力がつまった作品。連載当時、爆発的な人気を博し国内のみならずアジア、ヨーロッパ各地で多数のファンを獲得し、今もなお熱狂的なファンが多く存在する作品。

TVアニメーション「マジンガーZ」
放送期間:1972年(昭和47年)12月3日から1974年(昭和49年)9月1日。
放送回数:全92話 放送時間:毎週日曜日19時 – 19時30分 放送局:フジテレビ系列 制作:東映動画。旭通信社
最高視聴率は、1974年3月17日放送(第68話「地獄の用心棒 ゴーゴン大公」)
の30.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。最終回はそのまま『グレートマジンガー』に続く。

○乗り込み型巨大ロボットアニメの元祖である! 「ガンダム」も「エヴァ」も「トランスフォーマー」も、コイツがいなければ生まれなかった?!
○テレビ放送(フジテレビ系列)が大ヒット 最高視聴率:30.4% ○シリーズも大ヒット!:続編第二作「グレートマジンガー」、続編第三作「UFOロボ_グレンダイザー」を合わせると4年を超える長期シリーズへ ○水木一郎氏の「ゼェーット!」コールとともに主題歌も大人気、超合金やジャンボマシンダーなど大ヒット玩具も総合的に開発したプロジェクトだった。
○世界へ波及したクールジャパンの先駆け: 日本以外でも放映され、ヨーロッパ、中南米などで特に人気。クールジャパンの先駆けとなった。ハリウッド映画「パシフィック・リム」のギレルモ・デルトロなど世界中のクリエーターにファンが存在する。

★「マジンガーZ」がAnimeJapan 2017 に登場決定!!
公式HP

<<<  さらなる続報にご期待ください!! パイルダーオン!!  >>>

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る