ビル・カニンガム&ニューヨーク

 

ビル・カニンガム&ニューヨーク

予告編

イントロダクション

ニューヨーク・タイムズ紙の人気ファッション・コラム“On the Street”と社交コラム”Evening Hours” を担当する名物フォトグラファー、ビル・カニンガムは、ニューヨークの街角で50年にもわたり毎日ファッショントレンドを撮影してきたニューヨークを代表するファッション・フォトグラファーであり、ストリートファッション・スナップの元祖的存在です。この度は、親しい業界人でさえプライベートをほとんど知らないビルに、リチャード・プレス監督が8年がかりで撮影交渉し、撮影と編集に2年、通年10年の制作期間を経て完成。

ストーリー

青い作業着に身を包み、50年以上暮らしているカーネギー・ホールの上のスタジオアパートの小さな部屋は、今まで撮影した全ネガフィルムが入ったキャビネットに占領され簡易ベッドが置いてあるだけ。キッチンもクローゼットもない。仕事以外のことには全く無頓着で、頭の中はいつもファッションのことだけでいっぱいなビル。『ビル・カニンガム&ニューヨーク』は、自分の仕事をこよなく愛し、そしてニューヨーカーたちに愛され続けるビル・カニンガムという希有の人物を通して、人生の普遍的なテーマを追いかけたドキュメンタリーです。また、人々を魅了してやまないニューヨークという街に暮らすビルと彼の周囲の人物の愛すべきキャラクターも満載で、ファッションと街に生きる人々の様子を鮮やかに描き出します。

2008年にフランス文化省から芸術文化勲章オフィシエを受勲した際のパーティ会場で、「自分のしていることは仕事ではなく喜び」と語ったビル。2012年4月には、カーネギー・ホール主催の「メダル・オブ・エクセレンス・ガラ」が開かれ、長年にわたりニューヨークのファッションやカルチャーを捉え続けてきたビルの功績が称えられました。会場には女優のサラ・ジェシカ・パーカーや米ヴォーグ誌編集長アナ・ウィンターら、ビルと親しいセレブリティたちが続々と来場しビルを祝福しました。『プラダを着た悪魔』の鬼編集長のモデルとして知られるアナ・ウィンターに「私たちはいつも、ビルのために着るのよ。」と言わしめるビル・カニンガムは、世界中のファッショニスタからの尊敬を集める本物のセレブリティです。

ビル・カニンガムとは

1928年生まれ。本名 ウィリアム J.カニンガム。1948年ハーヴァード大学を中退、
ニューヨークへ渡り、広告業界に就職する。その後、“William J.” のブランド名で帽
子作りを始め、カーネギー・ホールのスタジオに帽子サロンを開く。一時兵役に召集
されるが、その後またニューヨークに戻り、シカゴ・トリビューン紙でファッションに関す
る記事を書き始める。アズディンアライヤやジャン・ポール・ゴルティエといったブラン
ドをアメリカに紹介するのに一役買い、ファッション・ジャーナリズムに影響を与えた。その頃に、ニューヨークのストリートファッションの撮影も始める。ある日、伝説の大女優グレタ・ガルボの姿を偶然ストリートで撮影したことがきっかけで、一連のスナップ写真を1978年12月ニューヨーク・タイムズ紙で発表し、注目を集める。現在の名物コラム「On the Street」を始めるきっかけにもなった。現在に至るまで雨の日も風の日もニューヨークのストリートに自転車で繰り出してはファッションスナップを撮り続けること数十年。夜になるとチャリティーパーティーや社交界のイベントに出かけていき、ときにはパリのファッション・ウィークにも遠征し撮影する。その鋭いセンスと独自の着眼点が、米ヴォーグ誌編集長アナ・ウィンターをはじめ世界中のファッション・ピープルから注目され、84歳の現在でも現役ファッション・フォトグラファーとして影響を与え続けている存在である。

 

ビル・カニンガム&​ニューヨーク
 

1

キャスト・スタッフ

出演:ビル・カニンガム、アナ・ウィンター、トム・ウルフほかセレブリティ
監督:リチャード・プレス
配給:スターサンズ、ドマ ©First Thought Films 公式HP
2013年5月18日公開

 

2014年夏トレンド セレブファッションコーディネート
2014年夏トレンド セレブファッションコーディネート
 

 


新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る