華麗なるギャツビー

本予告編


イントロダクション

F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレード・ギャツビー』を基に、独創性に溢れる脚本家・プロデューサー・監督バズ・ラーマンが、レオナルド・ディカプリオを主演に迎えて、このたびを銀幕に蘇らせる。バズ・ラーマンはこの古典的原作を独自の解釈と想像力で、想像を超える映像で創り上げる。ジェイ・ギャツビーにアカデミー賞ノミネートのレオナルド・ディカプリオ(『J・エドガー』、『アビエイター』)、ニック・キャラウェイにトビー・マグワイア(『スパイダーマン』、『シービスケット』)、アカデミー賞ノミネートのキャリー・マリガン(『17歳の肖像』、『ドライヴ』)、ジョエル・エドガートンが、デイジーとトム・ブキャナン夫妻を演じる。そして、マートルとジョージ・ウィルソン夫妻にアイラ・フィッシャーとジェイソン・クラーク、ジョーダン・ベイカーに新人エリザベス・デビッキ。インド映画界のスター、アミターブ・バッチャンはマイヤー・ウォルシャイムを演じる。

ストーリー

その美しさも、莫大な財産も、すべてが完璧な男―ジェイ・ギャツビー。だが、彼には<秘密>があった―。
宮殿のような豪邸に暮らす、謎めいた男がいる。彼の名は、ジェイ・ギャツビー。どこから来たのか?どうやって大富豪になったのか?仕事は何をしているのか?いったい何のために、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開くのか?誰一人その答えを知らない。「真実を話そう」と、ギャツビーは隣人のニックに、自らの生い立ちを打ち明ける。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った。戦争では数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身・・・。出来すぎた話に、「彼は何かを隠している」と直感するニック。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そして上流社会の女性との禁じられた恋が、少しずつギャツビーの仮面をはがしていく。ギャツビーがこの街にやって来た、本当の目的は?果たして、彼が人生のすべてをかけた<秘密>とは―?

 

華麗なるギャツビー
 

華麗なるギャツビー
 

華麗なるギャツビー
 

華麗なるギャツビー

キャスト・スタッフ

出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン
監督:バズ・ラーマン
配給:ワーナーブラザーズ映画 ©2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
公式HP
2013年6月14日公開

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る