ヌイグルマーZ

予告編

イントロダクション

愛する者を守るため、ぬいぐるみになることを選んだヒーローの心情を歌った名曲『戦え!ヌイグルマー』(作詞:大槻ケンヂ / 作曲:NARASAKI / 編曲:特撮)。大槻ケンヂが生み出した切ない詞の世界が、井口昇監督と大槻ケンヂの出会いを経て映画化。主役には、本作で映画初主演を飾った中川翔子。自身が、「大好きなゾンビと友情、ラブもあって、そしてかわいらしいファッション。この世の素敵が全て詰まった最高にカオスの作品です。」と語る世界観の中で、念願の”ヒーロー”デビュー。自作のピンクのヌンチャクを使用し、ゾンビ相手のアクションを披露する。「皆さんに『ダメな人でも大丈夫なんだ!』っていうメッセージが届いたらいいと思う」と語る通り、失敗ばかりで自分の居場所を見付けられないが、人を愛する姿を失わない“鮎川夢子”を熱演。新ヒーロー”ヌイグルマー”のキャラクターデザインを手掛けたのは、『エヴァンゲリヲン』シリーズに参加する、鶴巻和哉とコヤマシゲト。ぬいぐるみのキュートさと、キャットウーマンの様なセクシーさを兼ね備えた新ヒーローがトップクリエイター達によって生み出された。

ストーリー

故郷滅亡の危機を察して、銀河系果ての惑星ドムホから飛び立った綿状生命体たち。彼らは新たな故郷を求めて、地球に辿りつく。綿状生命体の最強戦士ドゥーマアは、鮎川冬子が作っていた娘の誕生日プレゼント用のテディベアの体内に辿り着き、冬子の娘の響子と出会う。響子から「自分を必要とするエネルギー」を感じ、再び生きる目的を見つけたドゥーマアは、ピンクのテディベア「ブースケ」として、響子を守るために生きる事を決意する。そんな彼らの元に突如現れた、冬子の妹、夢子。ロリータファッションに身を包んだ夢子は、冬子の家で居候を始めるが、何をやってもドジばかり。ダメダメなダメ子として、響子にも嫌われてしまう。見落ち込む夢子を見るに見かねたブースケは夢子を叱咤激励。自分と共に響子を「姫」として守れ、と命じるのだった。
一方、もう一人の戦士「デパルザ」は、人間世界を呪う男・タケシと合体し、人間をゾンビ化して操り、人類を滅亡させるという邪悪な計画を推し進めていた。響子の誕生日、レストランに無数のゾンビ達が出現、冬子の命を奪い、響子を襲う!響子を助けるべく奮闘する夢子だったが、彼女の前に悪の首領チャーリーとその一味、片腕ロリータと超能力少年キルビリーが立ちふさがる。命を懸けて響子を守ろうとする夢子は、片腕ロリータの放った銃弾に倒れる。その時、奇跡が起こった。戦士ドゥーマァの宿るヌイグルミのブースケと夢子は合体し、ヌイグルマーに変身したのだ!激しい戦いののち、チャーリーたちは復讐を誓って去って行く。そして、数年後。チャーリーの恐るべき計画は秘密裏に進められ、高校生に成長した響子に魔の手が迫る。ブースケと夢子は、響子を守り抜くことができるのか!?

 

ヌイグルマーZ

キャスト・スタッフ

出演:中川翔子、武田梨奈、市川真央、北原帆夏
監督:井口昇
配給:キングレコード ティ・ジョイ ©2013ヌイグルマーZ/フィルム・パートナーズ 公式HP
2014年1月25日公開

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る