ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~

 

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~

予告編

イントロダクション

本年度アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・脚色賞・主演女優賞)ノミネート!
2012年1月、インディペンデント映画の祭典、サンダンス映画祭はわずか製作費200万ドル(約1億6千万)、若干29歳の新人監督・ベン・ザイトリンが創り上げた一人の少女の物語に瞬く間に虜になった。6歳の少女ハッシュパピーの目線を通して描かれる創造豊かでファンタジック、それと同時に厳しい現実をも巧みに描き出したオリジナリティあふれる本作に観客は熱狂し、同映画祭では最高賞であるグランプリと撮影賞に選出された。続くカンヌ国際映画祭でも、カメラドール(新人賞)など4冠に輝く偉業を達成。更に本年度アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演女優賞(史上最年少)、脚色賞の主要4部門に見事ノミネートされるという快挙を成し遂げた。まさに今年を代表するシンデレラ・ムービーがいよいよ日本にもやって来る。

ストーリー

世界の果て、バスタブ島にすむ少女ハッシュパピー。ある夜、嵐は少女の前からすべてをさらっていった。
大好きな場所、大好きな音、大好きな人たちまでも・・・。だけど、あの日パパがくれた言葉とママがくれた温もりが少女を誰よりも強くする。少女の勇気と優しい野獣たちがバスタブ島に奇跡を起こす。

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
 

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
 

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
 

sub3

キャスト・スタッフ

出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー
監督:ベン・ザイトリン
配給:ファントム・フィルム ©2012 Cinereach Productions, LLC. All rights reserved.  公式HP
2013年4月20日公開


新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る