10月5日はジェームズ・ボンドの日

007 スカイフォール

 
世界最長の映画シリーズ作品である007シリーズ。『ミッション・インポッシブル』も『ボーン・アイデンティティー』も、今存在するすべてのスパイ映画は、007の称号を持つジェームズ・ボンドからはじまった――。記念すべきシリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』は1962年10月5日にロンドンで初公開された。あれからちょうど50年。最新作となる第23作『007 スカイフォール』(12月1日公開)の公開を目前に控え、10月5日を「ジェームズ・ボンドの日」(GLOBAL JAMES BOND DAY)と銘打って、世界各地で様々なイベントが開催される。

大注目イベント★001: 全世界が選ぶ「好きなボンド映画No.1」投票!

シリーズ誕生50周年を記念して、全世界の人々を対象にしてベスト・オブ・ボンド映画を選ぶ投票をFacebook上で展開して いる。これまで公開された『007/ドクター・ノオ』から『007/慰めの報酬』までシリーズ全22作。ショーン・コネリーからダニエル・クレイグまで時代を代表する6人の俳優が歴代のジェームズ・ボンドを演じ切った名作の数々の中から、全世界の人々が選ぶ本当のNo.1を決定する!結果はジェームズ・ボンドの日の10月5日に大発表される!!!Facebook の007公式ページ(英語のみ)で実施中

大注目イベント★002: お宝アイテムが満載!50周年記念オークション!

50周年を記念して、「ジェームズ・ボンドの50年―ザ・オークション」(50 YEARS OF JAMES BOND – THE AUCTION)という チャリティー・オークションが英クリスティーズにて開催される。12月1日に日本公開される最新作『007 スカイフォール』まで 全23作のゆかりのアイテム計50点を出品。うち40点は9月28日~10月8日までオンラインでオークションにかけられ、日本からも参加が可能。残りの10点は10月5日にロンドンのクリスティーズにて招待者限定のオークションが行われる。

オンライン・オークションでは、日本が舞台の第5作『007は二度死ぬ』(1967)で初代ボンドのショーン・コネリーが劇中で敵の 基地に登るために使用した装備や、第9作『007/黄金銃を持つ男』(1974)で登場した黄金のバックルの中に銃弾が仕込まれたベルトなど、劇中に登場した小道具や衣装、宣伝で使用されたポスターや劇場パネルなどが出品される。

招待者限定オークションでは、第21作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)で6代目のダニエル・クレイグが海から颯爽と登場する際に着用した伝説の海パンや、これから公開される最新作『007 スカイフォール』でダニエルが着用したトム・フォードのスーツとタキシード、オメガの時計、最新作のプレミアに参加できる権利などが出品される。また、第22作『007/慰めの報酬』(2009)でダニエルが使用した車アストン・マーチンDBSも出品され、予想落札価格が12万ポンド~17万ポンド(約1500万円~2130万円)という今回のオークションの中でも最高値が予想される!ボンドの大ファンというサッカー 選手デビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドがアストン・マーチンを狙っているという話も報じられている! クリスティーズの公式サイト
そして・・・10月5日には最新作『007 スカイフォール』に関するさらなる何か!?

007 スカイフォール  作品紹介ページへ 予告動画

 


新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る