『アウト​レイジ ビヨンド』第69回ベ​ネチア国際映画祭 レッドカーペットの模様

アウトレイジ ビヨンド レッドカーペット
 

第69回ベネチア国際映画祭コンペティション部門での日本からは唯一の正式上映作品となる、北野 武監督『アウトレイジ ビヨンド』の記者会見が、現地時間の9月3日(月)に行われ、北野 武監督が登壇しました。本作は、第63回カンヌ映画祭(2010年)のコンペティション部門にて上映された前作『アウトレイジ』に続き、2作品連続の世界三大映画祭へのコンペティション部門正式上映という快挙。 また1997年に『HANA-BI』で最高賞の金獅子賞を、2003年、『座頭市』で監督賞にあたる銀獅子賞を受賞している北野作品と同映画祭との関わりは深く、記者会見には、世界各国から多くのマスコミが詰めかけ、多くの質疑応答が飛び交う熱気を帯びたものとなりました。会見終了後には写真撮影やサインを求められるなど大いに盛り上がりました。その後のフォトコールでは大勢のカメラマンが押し寄せる中、熱狂するカメラマンからの呼び声に、真摯に応じる監督の姿が印象的でした。

 

アウトレイジ ビヨンド レッドカーペット
 

ベネチア国際映画祭『アウトレイジ ビヨンド』公式記者会見

Q. 警察・ヤクザ、この映画が描いたもの
北野 武監督:イタリアンマフィアが居るということは聞いている。日本のヤクザとの違いは看板がかけられているかどうかで、イタリアも日本もほとんど同じだと思う。警察・ヤクザの関係は世界共通ではないか。日本でも警察の不祥事が多く何をやっているんだと思う。映画は極力シンプルに描いたけれども、現実とそんなに変わらないと思う。
Q. エンターテイメント性について
北野 武監督:暴力描写を褒めてくれるマニアックな人々がいるのは嬉しいことだけれども、今回の映画はエンターテイメントだと割りきって自分なりのエンターテイメント性を追求した。そうすると、自分にとっては、家庭、女、女房、子供とかは排除する結果になり、馬鹿な男の話になった。かなり割り切った作り方をしたが、エンターテイメト性を追求するとこんな感じになる。その方が楽しんでもらえるかなと思った。また、「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」に関しては、自分が撮りたい映画というよりも、観客のことを考えて作った。けれども、いつでもお客さんの入らない映画を作る準備もしているよ(笑/会場爆笑)。
Q. 震災で一年撮影が延期されましたが…
北野 武監督:震災で確かに映画の撮影は一年伸びた。震災後の一年間は、逆に自分は怒りを感じている部分があった。世の中、絆、愛、支えとか、表面的なものばっかりでイライラした。こういうときこそヤクザ映画を撮ってやろうとやる気が起きた。

© KAZUKO WAKAYAMA

 

アウトレイジ ビヨンド 作品紹介ページへ 予告動画

映画『アウトレイジ ビヨンド』試写会に10組20名様をご招待!

 

映画館で並ばずにチケットが買える!
 


新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る