ラッセル・クロウ、エマ・ワトソン 『ノア 約束の舟』ニューヨー​クプレミア開催

 

ラッセル・クロウ
 

ラッセル・クロウ主演、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督最新作『ノア 約束の舟』(日本公開6月13日(金)に決定/全米公開3月28日/パラマウント配給)のニューヨークプレミアが現地時間3月26日(水)夜[日本時間3月27日]、ニューヨークのジーグフェルド・シアターで開催され、ラッセル・クロウ、エマ・ワトソン、ジェニファー・コネリー、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース、ダーレン・アロノフスキー監督らが登場しました。

全米に先駆けて公開された韓国・メキシコで2014年NO.1オープニングの大ヒットを記録したことで本年度最大の注目度が高まっている『ノア 約束の舟』。会場のジーグフェルド・シアターには、世界各国から大勢のメディアが取材に殺到。主演のラッセル・クロウやエマ・ワトソン、ジェニファー・コネリーらが会場に登場すると、まばゆいほどのフラッシュが光りました。

主人公・ノアを演じたラッセル・クロウ、史上最も偉大なキャラクターの一人を演じた感想を訊ねられると「(自身が演じた『グラディエーター』(00)の主人公)マキシマスのことかい?あれはねぇ・・・」とボケて周囲を笑いに包み、日本のファンに向けて「ハロージャパン!みんな元気かい?ノアの箱舟伝説を映画にするのは、大きな責任が伴うし、出演は慎重に検討するつもりだったんだ。でも監督と話し、脚本を読み、ビジュアルを見て、これは出演しない訳にはいかないと思ったんだよ!ノアの箱舟のセットは(伝説通りに)三階建てで圧巻だった。あそこまで大きなものになるとは思っていなかったので驚いたね。CGで撮影することもできたけれど、実際にセットを組んで撮影できて、特別なものになったと思うよ。」とコメント。

 

エマ・ワトソン
 

そしてこの日一番の注目を集めたのは、ノアの養女イラを演じたエマ・ワトソン。背中が大きく開いたシックな黒いドレスで登場し「ハロー日本の皆さん!私は今ニューヨークでのプレミアに来ているの。私が演じたイラは強くて、賢くて、そして美しい女性で、共感できるキャラクターだったわ。とってもエキサイティングな映画なので日本の皆さんにも観てもらえると嬉しいわ!」。

そして、ダーレン・アロノフスキー監督も「日本の皆さんこんにちは!この映画は、皆が期待している以上の作品になっているんだ。とてつもないエンターテイメントと、圧倒的なビジュアルを体験して欲しいよ!」とメッセージを送りました。その他ノアの妻ナーマを演じたジェニファー・コネリー、ノアの長男セムを演じたダグラス・ブース、ノアの次男ハムを演じたローガン・ラーマンらが登場しました。レッドカーペット上では、キャスト同士が仲睦まじく談笑する姿も見られ、豪華なプレミアとなりました。

本作は、『グラディエーター』でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ主演、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が、人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説を描く壮大なスペクタクル感動巨編。ノアの妻役に『ビューティフル・マインド』でラッセル・クロウと夫婦役で共演しアカデミー賞に輝いたジェニファー・コネリー、ノアの祖父役にアカデミー賞受賞の名優アンソニー・ホプキンス、そして『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンやローガン・ラーマン、ダグラス・ブースなど、豪華キャストの共演も話題の作品です。

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る