『​キャプテン・アメリカ​/ウィンター・ソルジ​ャー』 ワールド・プレミアの模様

 

『​キャプテン・アメリカ​/ウィンター・ソルジ​ャー』 ワールド・プレミアの模様
 

全世界が注目する中、現地時間3月13日(木)、ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにてワールド・プレミアが大々的に開催された。4月4日(金)の全米公開まで1ヶ月近くあるにも関わらず、プレミア会場は公開を待ちわびるファンで大熱狂。TVカメラ65台、スチールカメラ105台、合計約300人のマスコミが世界中から集結。ハリウッド大通りに敷き詰められたレッド・カーペットは150mにも及び、「アベンジャーズ」のプレミア時と同様3000人以上のファンが駆けつけ、今までに無い熱気と興奮状態に。

豪華絢爛のプレミアには、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、美し過ぎる魔性のスパイ、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の長官にして最強ヒーローたちを束ねる、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンといった“アベンジャーズ”メンバーをはじめ、本作でアベンジャーズの新たな仲間となるファルコン役のアンソニー・マッキーや、彼らを執拗に狙う謎の暗殺者、ウィンター・ソルジャー役のセバスチャン・スタン、ら超豪華な面々が次々にレッド・カーペットに登場!! 集まったファンたちのボルテージは一気に上昇し、割れんばかりの拍手と声援で会場の盛り上がりは最高潮に達した。

 

スカーレット・ヨハンソン
 

大歓声に包まれた中、クリス・エヴァンスは「再びこの役を演じられて凄くエキサイティングだったよ!今回はアクションをより厚くしたんだ。」と語り、4月19日(土)の日本公開を楽しみに待つ日本のファンに対して「この作品を観れば、キャプテン・アメリカがなぜアベンジャーズの一員に選ばれた理由が分かるはずだよ!」とメッセ―ジを贈った。また、“アベンジャーズ”唯一のヒロインであるブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンも「マーベルファンは最高ね!作品を楽しみにしてくれている真のファンだと思うわ。」と語り、「おそらく、今回は映画史上最高のカーチェイスアクションが撮影できたと思うわ!!」と本作の見所を熱く語った。長官ニック・フューリーを演じたサミュエル・L.ジャクソンは「子供の頃からコミックを呼んでいた私にとって、この作品はまるで夢のようだったし、こんな世界の登場人物と働いてみたいと思っていたんだ。そして私はここにいる。まさに夢のような現実なんだよ」と自ら熱狂的なファンであること公言した。

日本では『アベンジャーズ』に引き続き、ニック・フューリー役に竹中直人さん、ブラック・ウィドウ役に米倉涼子さんがそれぞれ声優を続投することが決定、新たに俳優の溝端淳平さんがファルコン役を演じることも発表された。プレミアに参加したアンソニー・マッキーは、新たにアベンジャーズの仲間入りを果たすことに対し「ファルコンへのファンの情熱を凄く感じる。そんな役を演じられて嬉しいよ」と語り、「淳平が凄くいい演技をしてくれてから、楽しみに待っててね!!」と声優を務める溝端さんと日本のファンへエールを贈った。

 

ディズニーライセンス商品
キュートなディズニーウエアー&グッズコーナー

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る