ジョセフ・ゴードン=レヴィット オフィシャルインタビュー

 

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
 

クリストファー・ノーラン(『インセプション』『ダークナイト ライジング』)、マーク・ウェブ(『アメイジング・スパイダーマン』『(500)日のサマー』)、ロバート・ロドリゲス(『シン・シティ』)、スティーブン・スピルバーグ(『リンカーン』)など、名だたる監督がこぞって起用し、人気、実力ともに今もっとも注目を集める俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィット。彼の初長編監督作品、『ドン・ジョン』(原題:『DON JON』)が3月15日(土)より、角川シネマ有楽町、シネマライズ他全国ロードショーとなります。
初監督作のテーマに選んだのは“愛”。理想に燃える男が、理想の女性・恋愛・セックスを求め、全くタイプの違う女性二人と出会うことで、新たな価値観を見出していく姿をちょっぴりセクシーでコミカルに描いた作品です。ゴードン=レヴィット自身が主人公のジョンを演じ、共演にはスカーレット・ヨハンソン、ジュリアン・ムーア、トニー・ダンザ、そしてカメオ出演でさらに超豪華キャストも登場します。

この度、監督・脚本・出演を務めたジョセフ・ゴードン=レヴィットのオフィシャルインタビューが届きました。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット オフィシャルインタビュー
Q:初の監督作品を作り上げた今の気持ちを教えてください。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット(以下JGL):とにかく観てくれる人たちの反応が楽しみの一言だね。僕が好きなのは、観る人によって意見や感想、受け取り方が違う映画。実際、この作品も試写をするたびに、熱い議論が交わされたんだ。

Q:監督に挑戦した理由を教えてください。

JGL:僕は子どもの頃から、子役として俳優業をやってきたから、自然とメディアが人々に与える影響について考えてきたんだ。映画、テレビ、CM、雑誌、そしてポルノでさえ。常に自分のなかにあったテーマだったから、「ならば、自分で語ってみたい」と思ったのが大きな理由なんだ。主演も脚本も手掛けて、仕事量はとても多かったけど、非常にパーソナルな作品になり、気に入っているよ。

Q:映像制作そのものも、初めての経験でしたか?

JGL:いや、実は過去に短編やビデオ作品をたくさん撮ってきたんだよ。数百本にはなるんじゃないかな。自分で撮影し、パソコン上で編集したり、音を足したり。そういった経験は今回『ドン・ジョン』を監督する上で、とても役に立ったよ。

Q:先ほど話していた「メディアが人々に与える影響」が作品の大きなテーマですね。

JGL:その通り。僕らは映画やテレビを見たり、雑誌を読んだり、ラジオを聞いたり、ポルノを観たりする。そんなメディアが生み出す“ファンタジー”を楽しむのはいいと思うんだ。問題はそのファンタジーを、現実世界にも期待してしまうこと。だって、リアルな人生はもっと複雑で、微妙なものだからね。それなのに、安易なファンタジーを期待してしまい、自分がガッカリしたり、相手をガッカリさせたり。そんな教訓を込めたつもりだよ。

Q:その象徴が、あなたが演じる主人公のドン・ジョン。そしてスカーレット・ヨハンソン演じるバーバラですね。

JGL:二人とも極端なキャラクターだよね。過剰なほどのポルノを観ているドン・ジョンが、過剰なほどロマンティックなハリウッド映画を観ている“王女様キャラ”のバーバラとつき合うというアイディアが、作品の出発点になっているんだ。

Q:もしかして、あなた自身とドン・ジョンに共通点があったりしますか?

JGL:僕に似ているというよりは、彼のような資質は男女問わず、誰にもあると思うんだ。人は誰でも「他人をモノとして見る」「相手をカテゴリー分けする」という罪を犯してしまうんだ。そのほうが簡単だからね。もし相手の本質を知りたいのなら、表面から深層までを見つめ、相手の個性が何なのか見極める努力が必要なんだ。

Q:バーバラ役に、スカーレット・ヨハンソンを起用した理由は?

JGL:脚本を書く段階から、バーバラ役はスカーレット・ヨハンソンを想定したんだ。多忙な彼女が、この役を引き受けてくれたのが何より嬉しいよ。まず、言えることは彼女が素晴らしい実力をもった女優だということ。シリアスな演技も、コミカルな側面もバランス良く見せてくれるよね。「ロスト・イン・トランスレーション」や「それでも恋するバルセロナ」を観れば、彼女がいかに特別な存在か分かるはずだよ。実際に共演すると、改めて非常に聡明で、才能あふれるアーティストだと実感させられたよ。

Q:スカーレット本人も、メディアを通してセックスシンボルとして扱われることがありますね。

JGL:その通り。彼女自身もこの映画が問いかけるテーマについて、実に多くの意見や考えを持っていた。さっきも言ったように、彼女は非常に聡明で才能がある。でも、メディアは彼女のルックスだけを大きく取りあげて、内に眠る最良の部分を見逃してしまうんだ。つまり、見た目だけで人を判断して、彼女を一人の人間として見ていないんだよ。主人公のジョンも同じ過ちを犯すけど、それこそがこの映画で伝えたいテーマなんだ。

Q:ジュリアン・ムーアとの共演はいかがでしたか?

JGL:ジュリアンは僕にとって実在する最も素晴らしい女優のうちの一人だよ。僕の好きな映画にも沢山出演しているしね。「ビッグ・リボウスキ」、「マグノリア」、「エデンより彼方に」、アラスカ州知事サラ・ペイリンを演じた「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」などを観て、女優としての凄さに圧倒されたよ。だから、出演が決まった時は本当に感動したよ。

Q:ここ日本での公開も間近に迫っています。

JGL:日本にはジャンルを問わず、映画を愛する土壌がしっかりあると思うんだ。ハリウッド映画や邦画はもちろん、宮崎駿監督をはじめとする個性的な映画も受け入れているからね。そんな“映画愛”の強い日本の皆さんに観てもらうのが、とても待ち遠しいよ。面白くてちょっぴりセクシーな映画が3月15日から公開されるので、ぜひ劇場に足を運んでほしいな。

Q:最後に宮崎駿監督の引退作にあたる「風立ちぬ」で、主人公・堀越二郎役の英語版吹替えを担当した経緯について教えてください。日本のファンはとても注目していますよ。

JGL:英語版吹替えのオファーをいただいた時は、とても光栄に思ったよ。「もののけ姫」を観て以来、宮崎さんの大ファンになったし、「千と千尋の神隠し」もお気に入りの一作なんだ。そして、「風立ちぬ」は、僕が今までに観た映画の中で最も美しい一つで、宮崎さんのキャリアにおいても特別な意味をもつ作品だと感じたんだ。それに戦時中の日本が舞台だから、現代を生きる僕にとって魅了される部分がたくさんあったよ。繊細かつ大胆に、誰も挑んだことがない領域を目指している作品だから、今回参加できた事自体、本当に光栄だよ。

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る