『アナと雪の女王』一夜限りのスペシャル・ミュージカルコンサート開催決定

 

アナと雪の女王
 

『アナと雪の女王』──それは、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹を主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描いた感動のストーリー。ディズニー創立90周年記念作品として、ディズニー・クラシックの原点にして新たな金字塔ともいえる作品が誕生。この度、『アナと雪の女王』の公開を記念して、東京フィルハーモニー交響楽団による、一夜限りのスペシャル・ミュージカルコンサートの開催が決定致しました。『レ・ミゼラブル』、『オペラ座の怪人』、『美女と野獣』など名作ミュージカル映画の楽曲をオーケストラが演奏するほか、 ミュージカルに多数主演している俳優・石丸幹二さんがゲスト出演し、ドラマティック・ミュージカル『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」(英語版)を披露して頂きます。姉:エルサが自分を解放し、雪の女王になっていくシーンで喜びとともに歌いあげる「Let It Go」は、トニー賞受賞の実力派作曲家ロペス夫妻が担当し、第71回ゴールデングローブ賞でも主題歌賞にノミネートされるなど既に全米で高い評価を受けています。英語版では、ミュージカル『ウィキッド』でトニー賞も受賞した実力派女優イディナ・メンゼルが、日本語吹替版では松たか子さんがこの楽曲を歌っていることでも話題となっています。今回、男性がこの楽曲を歌うのは日本初。石丸幹二さんが数々の名曲を歌い続け、観客を虜にしてきたその美声でトニー賞受賞スタッフ作曲の珠玉のナンバー「Let It Go」をどのように表現して歌い上げていくのかに注目が集まります。

 

石丸幹二
 

石丸幹二 プロフィール

1990年、ミュージカル『オペラ座の怪人』(劇団四季)で舞台デビュー、数々の作品に主演し、2007年末に退団。
現在は、舞台、映像、音楽と多彩に活躍する。主な出演作/舞台:ミュージカル『モンテ・クリスト伯』、『ジキル&ハイド』、サイトウ・キネン・フェスティバル『兵士の物語』等。映像:「半沢直樹」、「白洲次郎」、「旅のチカラ」等。映画「時をかける少女」等。CD:「Love Songs」、「kanjiishimaru」等。ラジオ:「石丸幹二のシアターへようこそ」。クラシック音楽祭ラ・フォル・ジュルネ公式アンバサダー。

イベント詳細

【日時】2月24日(月) 18:00開場/18:30開演
【場所】東京オペラシティ コンサートホール 東京都新宿区西新宿3-20-2(京王新線「初台駅」東口 徒歩1分)
【演目】『レ・ミゼラブル』より「民衆の歌」、『オペラ座の怪人』より「オペラ座の怪人」、『美女と野獣』より「美女と野獣」など名作ミュージカル映画からの楽曲演奏。『アナと雪の女王』より「Let It Go」( ゲスト・石丸幹二さん)※演奏曲は変更になる場合があります。
【演奏】東京フィルハーモニー交響楽団
【応募要項】抽選で650組1300名をご招待。ご応募は右記の YOMIURI OHBO-netから。1/15~応募受付開始予定。

 

ディズニーライセンス商品
キュートなディズニーウエアー&グッズコーナー

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る