堀北真希、映画『麦子さんと』完成披露試写会の模様

 

麦子さんと
 

本日、12月21日に公開の映画『麦子さんと』の完成披露試写会を開催し、主人公の麦子役を演じた堀北真希さんと吉田恵輔監督が登壇しました。満席の客席を前に構想に8年をかけたという吉田監督は、「勝手に頭の中で堀北さんが、台本の中で動いていたので実際演じていただいて、すごく嬉しいです」と兼ねてからの気持ちを吐露すると、それを聞いた堀北さんはで「とても光栄です」と答えていました。更に「気持ち悪いと思わなかったですか?」と監督からのフォローが入ると「大丈夫です」と笑顔で答えていました。

堀北さん演じる麦子の兄の憲男役の松田龍平さんについて吉田監督は「この二人が一緒にいたら気持ち悪い雰囲気になるんじゃないかと思って」と独特な演出論を展開すると、堀北さんは「自分のお芝居のやり方が合っているかなという不安はありましたが、兄弟の関係性は、ちょっとクスっとわらっちゃうような空気感ができればいいなと思って」と松田さんと息の合ったコンビネーションの良さの秘訣をしていました。

 

麦子さんと

 

麦子と憲男の母親役の余貴美子さんについて吉田監督は「母性が強い、見ていて苦しくなるお母さん像が良いなと思って。余さんに演じてもらえば愛情の濃い作品になるんじゃないかと」と本作での“お母さん像”について語ると、また、余さんの若かりし頃を演じるにあたって堀北さんは「笑顔になればなるほど、麦子として胸が痛くて、いいラストにいけたのかなと思います」と語りました。

また、アニメの声優を目指している麦子を演じたことについては「まだ(声優を)目指している段階なので、完璧じゃなくても良いかなと思いながらも、不安だったので練習しました」と練習していた事を明かすと、吉田監督は、「出来上がったアニメが萌え系で、おかしな感じだったので、胸が痛くなりました(笑)」と答えていました。

熱烈なオファーをしていた吉田監督は、堀北さんの印象について「堀北さんは実際一緒に仕事をすると、ものすごくプロの女優だという感じがして、氷点下の中意地悪な格好させても、嫌な顔せず、本当に信頼できる女優さんなんだなと、びっくりしました」と、堀北さんのプロ意識の高さに太鼓判を押していました。

 

堀北真希
 

撮影時に苦労した点について堀北さんは「麦子を演じるにあたって、大きな線が二つあると思って、ひとつはお母さんとの関係性で、もう一つは自分の将来のことで、別の問題のようにみえるけど二つの問題がリンクし合って見えると良いのかなと思いました」と役作りについて明かしました。

本作で挿入曲となっている、『赤いスイートピー』について吉田監督は、「恋愛をテーマにした歌なので結びつきはないんですが、僕が家族で暮らしていたのが低学年くらいで、ちょうどその時に団欒をしていた時にかかっていたんです。だから、勝手に結びつけたところもあるんですが・・・僕にとって家族と切り離せない部分もあるので、使わせて頂けて本当に光栄です」とご自身の家族の思い出を振り返り、感無量の様子でした。

また、「この作品は、自分の母親に一番に見てもらいたいと思っていたのですが撮影が始まる前に亡くなってしまって。今後悔の塊なので、この映画を見て親を大事にして頂ければと思います」と本作への思い入れがひ一入である様子でした。堀北さんは、「自分のお母さんがお母さんになる前はどんな風だったんだろうとこの映画を観て思いました。皆さんもこの映画を見たら、お母さんともっと近い関係になれるのかなと思います」と挨拶をして、完成披露試写を締めくくりました。

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る