小栗旬&三浦春馬が映画『キャプテンハーロック』の魅力を語る

 

小栗旬&三浦春馬が映画『キャプテンハーロック』の魅力を語る
 

小栗旬&三浦春馬コメント動画

 

日本のアニメ史上に輝くエポックである巨匠松本零士の「宇宙海賊キャプテンハーロック」が 総製作費3,000万ドル(東映アニメ史上最高額)、日本のトップクリエイターとともに、世界市場に挑戦する壮大なる映像 プロジェクトとして蘇る。第70 回ヴェネチア国際映画祭の特別招待作品として発表されている本作は、映画祭側から「内容にも胸を打たれたが、アクションがものすごい! ぜひ3D 上映をしてほしい」と熱望され、急遽イタリア語字幕版の制作が決定。ジェームズ・キャメロン監督からも「3Dが上がったらすぐに見せてほしい」と熱烈なラブコールがあり、海外の映画配給会社76の国と地域からオファーが殺到。今回の特別招待を受け、 荒牧伸志監督、原作総設定の松本零士、キャプテンハーロックの声優を務めた小栗旬、ハーロック暗殺命令を受け、アルカデ ィア号に潜入する工作員役の三浦春馬からそれぞれ喜びの声が寄せられました。特別招待を受けた本作の魅力を小栗旬、三浦春馬の両氏がそれぞれの立場から語った“キャプテンハーロック特別映像”も公開となり、8月3日から一部劇場にて流れます。

【小栗旬コメント】
「とても興奮しております。ヴェネチアの地から、ハーロックが世界という海へ船出できる事をとても嬉しく思っております。」

【三浦春馬コメント】
「とても嬉しく光栄で。制作スタッフの底知れぬ努力と技術があったからこその出展だと思います。この作品が世界に衝撃と興奮を届けられる事は間違いないと思っています。」

【松本零士コメント】
「素晴らしい映像で甦ったハーロックが、世界のみなさんにこの作品を観ていただけることが楽しみです。これを機会にもっと先を目指して頑張ります。」

【荒牧伸志コメント】
「歴史ある美しい街、ヴェネチアで最初に『キャプテンハーロック』を見てもらえるなんて、これ以上ない喜びです。イタリアにもハーロックの熱心なファンが多いと聞いていますので、皆さんの反応が楽しみです。」

 

ONE OK ROCK

「キャプテンハーロック」主題歌 / ONE OK ROCK 「Be the light 」
2005年に結成しライブを中心に活動。エモ、ロック、メタルの要素を詰め込んだサウンドとアグレッシブなライブパフォーマンスが若い世代に支持されている。2011年は全国各地にある夏フェス総なめにし、10月に5thアルバムを発売、秋には全国ツアーを敢行、そしてファイナル公演を2012年1月に横浜アリーナにて2デイズ開催するも即日ソールドアウト、約24,000人を動員した。

【iTunes はこちら】

 

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る