新成分キャピキシル配合の新しい育毛スカルプローション

rn_head

キャピキシルとは?

アカツメクサ(またの名をレッドクローバー)と言われるマメ科のこの植物には、有効性成分であるイソフラボン類が豊富に含まれており、 ヨーロッパでは伝承薬として受け継がれてきた歴史があります。

その中でも、イソフラボンの一種である「ピオカニンA」は、男性型脱毛症の要因となっている5αリダクターゼに対して強い抑制効果を持つことが発見されています。

また、4種類のアミノ酸により構成される「アセチルテトラペプチド-3」は、細胞外マトリクスを修復する効果を持つため、毛包構造の維持に働きかけます。さらに、育毛効果に関しても、育毛薬である医薬品原料を超える効果が確認されています。

つまり、「ピオカニンA」と「アセチルテトラペプチド-3」の2つの成分を合わせて出来たのが「キャピキシル」となります。キャピキシルは脱毛を抑えつつ、育毛環境を著しく向上させることが可能になりました。副作用もなく、育毛業界期待の新成分なのです。

新成分キャピキシル配合の新しい育毛スカルプローション「THE SCALP 5.0C」

5.0Cとは、育毛成分キャピキシルが 5%配合されているということで、 キャピキシルの頭文字の「C」を取り名付けられました。またキャピキシルに関しては、日本初となる5%配合の認証マークの取得し、 公式に認められた商品となります。

「ザスカルプ5.0c」の特徴

■キャピキシル5%配合
なんと言っても、このキャピキシル配合がこの商品の1番のポイントです。リアップでも有名な医療成分ミノキシジルの3倍の育毛効果が確認された注目の新成分。このキャピキシルが脱毛を抑えつつ、育毛環境を著しく向上させることが可能です。

■41種類もの成分をギュッと配合
「ザスカルプ5.0c」は、キャピキシルの他、再生医療でも注目の成長因子を含めた成分を41種類も配合しております。

・発酵プラセンタエキス
・オクタペプチド-2
・オリゴペプチド-41
・センブリエキス
・グリチルリチン酸2K

を始めとする豪華成分を多数配合。詳しくはホームページをご覧ください。



新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る