“ローズの香り”がする女性には、男性をドキドキさせる効果があることが明らかに

 

ローズの香り

10月30日は香りの記念日

香りの記念日は1992年、石川県七尾市で第7回国民文化祭「世界の香りフェアIN能登」が開催されたことにちなんで石川県七尾市が制定。 10月30日の「香りの記念日*」に先駆け、香りが男性にどのような気分の変化をもたらすのかを検証する実験を行いました。  カネボウ化粧品香料研究室による調査の結果、男性は香りの種類によって感じる気分に変化があることが分かりました。中でも、ローズの香りはロマンティックな気分にさせる効果があることが分かり、特に女性がローズの香りを身にまとうと、男性は交感神経などが活発化し、ドキドキしていると推測されるという結果が得られました。

男性は香りを嗅ぐと、香りの種類によって、気分が影響され、交感神経等が変動する。特に“ローズの香り”は、男性をうっとり、ドキドキさせる傾向が

男性にローズ、レモン、ムスク、タバコの臭いを嗅いでもらったところ、無臭のときよりも、交感神経が活性傾向を示しました。また同時に、香りは心理面にも影響を与えていることがわかりました。特に“ローズの香り”を嗅ぐと、「ドキドキした“緊張感”を感じる」、「うっとり、ロマンティックな気分になる」、「リフレッシュする」などの傾向が現れることが明らかになりました。  その他、レモンは「すっきり、さわやかな気分になる」、ムスクは「うっとり、ロマンティックな気分になりつつ、落ち着いた、穏やかな気分」になるという傾向がありましたが、一方、タバコの香りは男性を「イライラさせ、不愉快にしてしまう」という結果になりました。(非喫煙者での結果です)  男性も香りに敏感であり、女性は男性にどう思われたいかで、香りを使い分けることは有効かもしれません。

女性が“ローズの香り”を身にまとうと男性は“ドキドキ”する

女性がローズ、レモン、ムスク、タバコの香りを纏った時に、男性はどのように気分が変化するかを実験したところ、無臭時よりも香りを身にまとった女性が近くに来た場合のほうが男性の交感神経が活性化しました。  特に、ローズとタバコの香りは交感神経が活性化することが分かり、実験の結果と併せて考えると、女性が近くにいると男性は、ロマンティックな気分で“ドキドキ”するような心理状態を示し、タバコの香りがする女性が近くにいると非喫煙者の男性では“イライラ”して、不愉快になる傾向が見られました。  女性は、男性をいい意味でドキドキさせるために、“ローズの香り”をまとってみてはいかがでしょうか。

おススメの“ローズの香り”フレグランス

『パルファン・ロジーヌ パリ』
 

1991年、ナポレオン三世の宮廷に化粧品・香水を納めたルイ・パナフェーを曾祖父にもつ、マリー・エレーヌ・ロジョンによってパリに創立された“バラの香り専門”の香水メゾン、「パルファン・ロジーヌ パリ」。流行に左右されず、自分だけの香りを求める女性そして男性に高品質でモダンなバラの香りのシリーズを発信しています。パレ・ロワイヤルに直営店があります。

【パルファン・ロジーヌ パリ特集ページはこちら】

 

 

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る